ねこねこブログ

ねこねこと申します。ねこ大好き(*^^*)アニメ、マンガ、ゲーム、本とかも大好きです。楽しいことたくさん書いていきたいと思います。今、うつ病で無職で生活が非常に貧困困窮しておりまして、買い物してくださるととても感謝します。メールについてはこちらをご覧下さい。リンクフリーです。ツイッターはこちらです。https://twitter.com/kemohure

企業

ドラクエ10、チートツールによる多額のRMT(反社会的勢力の資金源)が行われていた。スクウェア・エニックスのコンプライアンスを使いRMTを放置するDQ10運営を動かす方法について。

ドラクエ10、公式サイトにもでていますが(http://hiroba.dqx.jp/sc/topics/detail/65cc2c8205a05d7379fa3a6386f710e1/)職人システムにおいて、必殺の発生仕様にバックドア的な穴があり、そこを突いて毎ターン100%必殺を発生させることが可能なチートツールが一年前から配布されており、高レベル装備の星3を迅速かつ大量に作成することが可能だったそうです。下記のまとめが詳しいです。

ドラクエ10チート騒動メモ
http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:H_vXOIUnS9oJ:anond.hatelabo.jp/20151118035658+&cd=1&hl=ja&ct=clnk&gl=jp
恐らく公式には何も発表がないと思うのでメモ

問題点

MMORPGの中でもドラクエ10はプレイヤーがアイテムを生産し販売する職人システムを手厚く保護していることで有名である そのためNPCが販売している武器防具はほぼ全てがゴミであり職人ギルドに所属したプレイヤーキャラクターが生産し流通している装備を使用するのが前提のバランスになっている 職人に特化したプレイをしている場合戦闘しかしないプレイヤー等と比較し文字通り桁違いのゴールドを得られる

職人は装備を作る度にターン制のミニゲームを行い結果に応じて星0から3つまでの4段階のクオリティの装備が出来る ミニゲームはアイテム毎に期待値が高いやり方というものがあるが乱数によって運任せになる状況がどうしても存在するため習熟していても必ず星3の装備を作るということは出来ない 職人には必殺技というものが存在しミニゲーム中にランダムで使用可能になる

この必殺技の使用可否の判定において(チート方法の詳細が載っている為中略)

というチート行為が可能だった模様

ふくびき券を引いた際などの抽選が発生する類似の状況ではパケットを破棄してもサーバー側に結果が保存されており引き直しは出来ない仕様なのだがなぜゲーム上でこの部分だけこのような常識外れの仕様になっていたのかは不明である。

11月12日以降なんらかの対応策が取られたようでこのチートを行うとすぐにBANされるようである

どれくらい儲かってたの?

常に必殺技を使用できる状態の場合(最高クラスの装備を含む)一部の装備品では確実に★3を作れる 高レベル装備の素材は制作1回分でで数十万ゴールド以上かかり大量生産するための原資を持っている人は少ないためチート使用者のみが確実に★3を作りリターンを得られることが確定しているメリットは計り知れない

星3装備を確実に作れる状態で制作をし続けた場合時給は2〜3千万ゴールドになる

これをリアルマネートレードでの相場で日本円に換算すると時給は2万円程度

この手法はゲーム内のゴールドを刷っているわけではないので続けてもインフレにはならず装備の需要がゼロになるまで続けられた

アイテム制作に必殺技が導入されたのは1年程前なので1年は使えていたらしい

なぜ判明したのか

晒し目的で書いているわけではないので簡潔に 興味ある方は2chとか見てください

装備を友達から貰ったらそれが不正に作成された物だったらしくBANされたという主張をするある人物がツイッターに現れる 過去の画像等が掘られた結果実はこの人物が周囲の人間にチートを教えた発案者で実行犯が全部悪いことにしてBANの言い訳にしようとしていたことが判明

自棄になって(?)ニコ生で公表 しかしこの人物の上にもさらにやり方を教えた人間がいて今もゲームを続けている模様

その後、この人物が一年の間に日本円で一億円以上のお金をRMTで稼いでいたことや、同じくチートツール使用者でRMTで稼いでいた複数の人物が現在もゲーム内で処分されていないということなどが、信憑性はともかくとしてチートRMTを行っていた当事者自身の語る話として明らかになっています。

もうね…なんというか呆れ果てた。

私がコツコツ木工で星2の杖や棍とか作って大赤字とか出しながらなんとか星3を作って利益出そうと頑張ったりしている間に、こんなことが起きているとは…本当に萎えますね、これは…。

一番悪いのはチートツールを使用する不正プレイヤーのRMT業者達であることは間違いないですが、それにしても…。

チートツールで時給数千万ゴールドを得て、それをRMTして一年で個人が簡単にリアルマネーで一億円稼げてしまうチート集団を、放置しているドラクエ10の運営というのも一体何なのか…。まともに運営(RMT取り締まり)する気がゼロであると思われても仕方がないと思います。

スクウェア・エニックスの公式発表によると、少なくとも20アカウントを処分したとのことですが、1アカウントが日本円で一年の間にチートツール利用で一億円稼いでいたとして、二十億円になりますよね。このRMTに使われたゴールドがどこからきたかというと、それはゲーム内の一般プレイヤーが時間を費やして金策をして貯めたゴールドが、不正なチートツールプレイヤーの不正に作られた装備に流れて、そしてRMTされた訳ですよ。そしてRMTされたゴールドは、RMTでゴールドを現金で買う不正プレイヤーに渡って、また不正に利用される。毎月スクウェア・エニックスにドラクエ10の維持費として料金を支払い、もちろん不正なんてしない一般の普通のプレイヤーが、その分、割を食っている、損害を受けている訳ですよ。

少なくとも二十億円分の損害を、一般プレイヤーがゲーム内での時間と苦労という形で受けている訳ですよ。もちろん、チートRMTしていたアカウントがたったの20アカウントとか考えられないので(チートRMT当事者が処分されていないアカウントがあると明言している)、損害額はもっと大きいでしょう。そして、更に大きな大問題がある。この損害額は、誰の手に最終的に渡っているのかという問題です。

最大の問題、それは、オンラインゲームのRMTというのは、日本を含めて世界中の諸国の犯罪組織の資金源及びマネーロンダリングの手段として使われている(日本の暴力団、チャイニーズマフィア、ロシアンマフィア、シチリアマフィア、アメリカマフィア、韓国マフィア等の様々な犯罪組織がRMT業者として活動している、DQ10の場合は主にチャイニーズマフィア)、それこそ真っ黒なブラックマネーの大元資金源なことなんです。一般プレイヤーが受けた損害額が最終的には犯罪組織に渡る訳です。

ダイヤモンド・オンライン
「仮想世界に忍び寄る金融犯罪」
http://diamond.jp/category/s-money_criminal
オンラインゲームや電子マネーなど、急拡大する「仮想ビジネス」は、今や金融犯罪の温床となっています。この連載では、そのビジネスリスクと対処法を徹底解説します。(中略)

 前述の通り、無数にあるMMORPGとその会員に対して多くのRMTサイトが存在しており、今や国内市場規模は150億円とも言われている。そして、このRMTがMMORPGで行なわれる犯罪の“舞台にもなっているのである。(中略)問題となるのは、「その仕組み(RMT)がマネロンを行なう上で好都合なものになり得る」ということである。

 すでに第1回目でも触れているが、マネロンとは非合法行為によって得た資金を合法化する資金洗浄行為であり、一般的にその手口には、次の3つステージが存在する。

 1.プレースメント(Placement)/非合法行為によって得られた資金を金融取引に投じること

 2.レイヤーリング(Layering)/送金や金融商品などへの変換、換金を繰り返すことで、資金の出所と流れをわかりにくくすること

 3.インテグレーション(Integration)/最終的に合法的な取引を通じて投じた資金を回収すること

 例としては、麻薬や銃器売買によって得た収益を銀行口座へ入金する(Placement)、そこから銀行口座間の送金、割引債、貴金属や絵画を購入することで出所を隠匿し(Layering)、最終的に合法的な組織へ合法的な取引で入金する(Integration)といった流れだ。

 では仮に、RMTを介した武具の売買行為がマネロンに使われていたとしよう。まず、マネロンの実行犯はMMORPGのプレーヤーとなり、犯罪行為によって得た不正資金を電子マネーに換え、RMT業者を通じて、ゲーム内通貨や武具などに交換する(プレースメント)。

次に、不正資金を小口に分解すると共に取引の数を増やして、あたかも通常のRMTのように見せかけるのである。たとえば、交換したゲーム内通貨で武具を獲得したり、獲得した武具を他の武具と交換したりしながら資金の出所をわかりづらくするわけだ(レイヤーリング)。

 そして最後に、他のプレーヤーに対して武具と現金との売買交渉を行ない、交渉成立後にゲーム内の薄暗い倉庫に呼び出して剣と盾を渡す一方で、RMT業者を通じて現金を回収するのである(インテグレーション)。

 2005年3月、ある中国人留学生が香川県警に「電子計算機損壊等業務妨害容疑」(刑法234条の2)で逮捕された。

 この学生は、コンビニエンスストアの端末に不正にアクセスし、大量の電子マネーを取得した。そして、日本に違法設置した中継サーバーを介して電子マネーを中国の仲間に送金し、5000人以上の中国人グループでオンラインゲームに参加しては、RMT業者を通じてゲーム内アイテムを売り、利益を得ていたのである。

 この事件では、5000万円以上の電子マネーが中国に送られたと見られているが、その大半は特定することができなかった。

 その理由は、本件で利用された電子マネーは、マネロン対策として設置されている「犯罪収益移転防止法」の対象外となっていることもあり、資金移動の監視ができておらず、不正資金の行方を追うことができなかったからである。

 このような例以外にも、ある大手オンラインゲーム会社の職員が自社のゲームサーバに不正アクセスしてゲーム内通貨を作り出し、それを基にRMT業者を通じて売却益を取得する事件もあった(この職員は06年6月に不正アクセス禁止法違反の容疑で逮捕され、その後懲戒処分となった)。やはり、この事件でもRMTがマネロンに利用されている。

 では、このMMORPGとRMTがマネロンに利用される原因は、どこにあるのだろうか?

 RMTが犯罪の舞台となってしまう理由は、売買を行なうのが仮想世界の住人であるという匿名性と、支払いに使われる電子マネーの匿名性とが重なり、現実世界にいる売買当事者の把握が難しいことだ。
 さらに、RMT業者のほとんどが韓国や中国を中心とする海外にあるため、日本からはRMT業者に対する運営監視や取締まりが、極めて困難なことが挙げられる。

 論理的には、マネロンの手段となりうる電子マネーもゲームで使う武具も、1つのサーバー内に電磁的に管理されている情報である。そして、その電子マネーや武具を利用するのも、同様にID化されて電磁的に管理されている情報である。

 つまり、仮想世界で行なわれるマネロンは、その情報という隠れ蓑と、情報と現金の交換サービスよって作り出された現実世界との唯一の接点を利用して、行なわれているのである。

 それでは、MMORPGやRMTといったオンラインゲームにおいて、どのような「マネロン対策」が考えられるのだろうか?

 すでに、MMORPGを提供する多くの企業はRMT行為を禁じるように約款などで取り決めているが、実質的にはそのRMTがなくなる傾向にあるわけではない。

 つまり、現実世界との唯一の接点を閉じようとしているものの、効果を上げているとは言えないのだ。

 マネロン対策において必要となるのは、何より顧客を知ることであり、またその行動特性を把握することである。

 したがって、他のプレーヤーへ個人情報を公開する必要はないにしても、企業側は少なくとも「その顧客が正当な目的でゲームに参加する素養があるかどうか」を確認すること(カスタマー デューデリジェンス)、そしてゲーム内において顧客が本来の目的から逸脱した行為を実施していないか、つまり「不正資金を取り扱う素振りを見せていないか」を監視すること(取引モニタリング)が必要である。

 そして、一度不正とみなされる行為を発見したならば、行為分析を行なって然るべき処置(アカウント凍結や通報)を施すべきだ。

私があきれ果てたのは、ドラクエ10運営がこのことを全く行っていないことです。

「企業側は少なくとも「その顧客が正当な目的でゲームに参加する素養があるかどうか」を確認すること(カスタマー デューデリジェンス)、そしてゲーム内において顧客が本来の目的から逸脱した行為を実施していないか、つまり「不正資金を取り扱う素振りを見せていないか」を監視すること(取引モニタリング)が必要である。」

この二つをドラクエ10運営は全く行っていない訳です。なんなんですかこの会社…。これはもう、ドラクエ10運営(そしてその大元のスクウェア・エニックス社)が未必の故意(RMTを放置する)によって反社会的勢力に宥和的であると思われても仕方のない事態です。そして反社会的勢力に対して宥和的な姿勢であると世論(市場)からみなされることは、一部上場企業であるスクウェア・エニックス社にとって破滅的な事態です。

今回、ドラクエ10のチートツールRMTで莫大なRMT資金源が生まれているにも関わらず、全く完全に一年間放置したことが発覚したDQ10運営、スクウェア・エニックス社のコンプライアンス(法令順守規定)は一体どうなっているんでしょうか…。スクウェア・エニックス社のコンプライアンスを調べてみました。

スクウェア・エニックス社公式コンプライアンス
http://www.hd.square-enix.com/jpn/pdf/news_corporate_governance_201307.pdf
検‘睇統制システム等に関する事項
2.反社会的勢力排除に向けた基本的な考え方及びその整備状況
反社会的勢力に対しては、従来から対応部門を定めて組織的に、毅然とした態度で対処し、一切の関係を排除することとしております。

「一切の関係を排除する」となっておりますよね。それにも関わらず、チートRMT当事者が「チートツールRMTを一年間行い日本円で一億以上稼いだ」「チートRMTを行い処分されていないアカウントは複数ある」って言っていますね…。全然反社会的勢力との関係が排除できていないですよね…。

今回のことで、ドラクエ10の現行の運営を変えて、ドラクエ10を少しでもまともにしたいと思う方々は、この辺のところから、スクウェア・エニックス社の反社会的勢力への資金源供給責任をきっちり理詰めで詰めていくといいと思います。少なくとも、スクウェア・エニックス社の公式なコンプライアンスで「反社会的勢力との関係を一切排除する」と書いておきながら、実際はRMTツールを一年間放置し、何十億という日本円を諸外国の反社会的組織に流す、そしてそれらを行い処分されていない人々がいるというのは、大問題であると考えます。消費者庁の公益通報窓口を最後に置いておきますね。

消費者庁公益通報窓口
http://www.caa.go.jp/info/koueki/
5.公益通報の方法

.ぅ鵐拭璽優奪
公益通報入力フォームへ(入力内容をご確認の上、送信して下さい。)

⇒港(公益通報に必要な内容をご記入の上、下記の住所宛にお送り下さい。)
〒100−6178
東京都千代田区永田町2丁目11番1号 山王パークタワー
消費者庁総務課公益通報窓口宛

E渡叩文益通報担当窓口)(前記4の 銑イ両霾鵑鬚翰儖佞両紂△艦⇒躄爾気ぁ)
電話:03(3507)8800(代表)
平日:9:30〜12:30、13:30〜17:30

*公益通報者保護制度に関する相談等は、公益通報者保護制度相談ダイヤルにて受け付けております。詳細につきましては、下記のリンクをご参照ください。
http://www.caa.go.jp/planning/koueki/toiawase.html

*通報いただきました情報は、法令違反等の調査のために利用させていただくことがあります。
また、内容に応じて庁内の担当課に回付させていただく場合がありますが、通報者の秘密の保持、個人情報の管理につきましては、弊庁にて責任を持って対応いたします。

スクウェア・エニックスは一部上場企業であるため、反社会的勢力に対して宥和的と見られることは避けたいと考えている筈です(それはリスクファクターとして株価の下落に即繋がるため)。RMTに対して全くやる気のないドラクエ10の現行運営を外部圧力で動かすとしたら、そこを理詰めで詰めていくしかないでしょうね…。

ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ(ver.1+ver.2+ver.3)初回封入特典ゲーム内アイテムコード「元気玉10個」+「ふくびき券30個」ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ(ver.1+ver.2+ver.3)初回封入特典ゲーム内アイテムコード「元気玉10個」+「ふくびき券30個」
スクウェア・エニックス(2015-12-03)
販売元:Amazon.co.jp


ドラゴンクエストX いにしえの竜の伝承 オンライン 公式ガイドブック 宝珠+魔塔+冒険の極意編 バージョン3.1[前期] (SE-MOOK)

ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ [ダウンロード]
ドラゴンクエストX いにしえの竜の伝承 オンライン [ダウンロード]
ドラゴンクエストX みちくさ冒険ガイドVol.6 (SE-MOOK)

アマゾンギフト券ストア



アマゾンOTAKUストア
TVゲーム総合ストア
アニメーション総合ストア
漫画コミック総合ストア
ホビー・フィギュア・トレカ総合ストア
食品&飲料総合ストア
ペット用品総合ストア
電化製品・家電製品総合ストア
パソコン及び周辺機器・消耗品総合ストア
PC18禁ゲーム総合ストア
amazon液晶テレビ総合ストア
クラシック音楽総合ストア
アマゾンギフト券ストア
amazonトップページ


今日の朝日新聞、国ががれき広域処理のために電通や博報堂を使い、津田大介氏のツイートなどを使ってインターネットでステルスマーケティングしていることが書かれていますね…。衝撃…。

プロメテウスの罠: 明かされなかった福島原発事故の真実
プロメテウスの罠 2

表題通り。物凄く衝撃を受けたので引用してご紹介致します。現在、朝日新聞の原発関連連載記事「プロメテウスの罠 取材の場を演出」では、国(環境省)が、地元の「東日本大震災のがれき処理を町の復興に役立てたい」という要望を無視して、全く不必要ながれき広域処理を強行していることを一週間ぐらい前から掲載しているんですが、ここ数日は、国(環境省)はがれき広域処理を強行するために、広告会社電通や博報堂を雇い、ステルスマーケティングしているということを記事にしていまして、今日の記事には、インターネットで津田大介氏のツイートなどを使ってステルスマーケティングしていることが書かれていますね…。以下、引用いたします。

朝日新聞9月19日朝刊

プロメテウスの罠 広告会社を頼った

環境省は(被災地地元議会などから要望されている、がれきを町の復興に役立てる)防潮林へのがれき活用(津波対策の防潮林にがれきを使う)には冷淡だった。しかし、自らが構想した広域処理には熱心に動いた。(中略)

――環境省のガイドラインでは受け入れ先を説得できない。広域処理のためのエージェントが必要だ。

こうした要望を受けて環境省が頼ったのが、広告会社だった。(中略)業務は広域処理と除染の広報、除染情報プラザの運営などだ。博報堂には約9億6千万円が支払われ、電通とは計約30億円の契約が結ばれた。

そんな多額の予算で、広告会社は何をしているのだろうか。(後略、広告会社のテレビ局への働きかけなどについて書かれている)

朝日新聞9月20日朝刊

プロメテウスの罠 取材の場を「演出」

(各マスメディアに接触して広域がれき処理をイメージ情報操作している広告会社のやらせ演出の一環として、北九州市のJR小倉駅前に)駅前広場に演台が作られ、みんなの力でがれき処理」と書かれたパネルやスピーカーが設置された。

細野(環境大臣)がマイクを握る。石巻市の小学校の児童が卒業記念にがれきからトロフィーを作り、銀座のデパートで展示されたことを紹介した。この展示も博報堂が企画した。

「みなさん想像してみてください。小学生の子供が手作りで、がれきからトロフィーを作ったんですよ」

このことは、博報堂が環境省に出した(がれき広告処理についてイメージ操作するための)業務報告書に記載されている。原文通り書き出すと、「細野環境大臣、高山政務官、環境省幹部等政府からのメッセージを発信する現場、現地において報道の情報提供のために、その取材の場つくりを実施したその露出効果の最大化を図った」(中略)

インターネットも利用した。業務報告書の中に「波及効果の高いソーシャルメディアを利用しての広報活動」という項目がある。

著名なカリスマ的なジャーナリストをがれき処理現場等の現場に招致して、その場でレポートを、ツイッターに発信するなど、情報感度の高い国民、特に若年層に伝達することと、情報のリアリティを高めるために同メディアを利用した」

「カリスマ的なジャーナリスト」とは、津田大介(38)のことだ。

津田は(博報堂由来の招致を受け)今年3月1日、宮城県女川町のがれき処理施設を訪ねた。(中略)

施設から津田はツイッターでこうつぶやいた。「地元だけでの処理は事実上不可能ですね」

以上、全て朝日新聞「プロメテウスの罠」からの抜粋引用です。

なんというか、とてつもない衝撃…。インターネットで、いわゆる「やらせ」行為、ステルスマーケティングって、広告会社の仕掛けで、津田大介氏のような著名人のツイート使ってばっちりされているんですね…。

今後は、津田大介氏のような著名人がツイートする場合は、そのツイートは、広告会社から依頼されている政治的意図・商業的意図を持つステルスマーケティングかも知れないということを、常に意識して、ツイートを見ていく必要があるなと感じました…。以前読んだ「戦争広告代理店」、日本はまさかこんなことになっていないだろうと思っていたら(広告会社がテレビやネットなどのマスメディアを使い情報操作)、既になっていたという…orz 日本の場合は、情報操作を仕掛けているのが、広告会社の意向を受けた津田大介氏というところが「戦争広告代理店」よりは、「ワグザドッグ」的なユーモラスな感じですが、真面目に考えたらほんと、冗談じゃないことですね…。津田氏は、博報堂のステルスマーケティングで自分のツイートを使い情報操作していたわけで、今回朝日の記事になったことで、圧倒的に信頼性が下がった。情報操作のようなことは、行う著名人のためにもならないと思いますね…。

ウィキペディア「情報操作」
情報操作により誤った結論が導かれ、それに基づいて対象者が行動するというのは、情報操作の一番顕著な影響であり、危険性である。特定集団の利益になるため、情報操作が行われる場合は、より多数の集団の損失を伴うことが多く、情報の検証が欠かせない。(中略)

情報操作の成功、失敗に関わらず、後の検証で情報操作が発覚した場合には、一般的に操作側に対する信頼性が低下する。

ワグ・ザ・ドッグ~ウワサの真相 [DVD]
ワグ・ザ・ドッグ~ウワサの真相 [DVD]

プロメテウスの罠: 明かされなかった福島原発事故の真実
プロメテウスの罠 2
情報操作のトリック その歴史と方法 (講談社現代新書)
「社会調査」のウソ―リサーチ・リテラシーのすすめ (文春新書)
テレビ―「やらせ」と「情報操作」
ドキュメント 戦争広告代理店―情報操作とボスニア紛争

amazonトップページ



アマゾンOTAKUストア
TVゲーム総合ストア
アニメーション総合ストア
漫画コミック総合ストア
ホビー・フィギュア・トレカ総合ストア
食品&飲料総合ストア
ペット用品総合ストア
電化製品・家電製品総合ストア
パソコン及び周辺機器・消耗品総合ストア
PC18禁ゲーム総合ストア
amazon液晶テレビ総合ストア
クラシック音楽総合ストア
アマゾンギフト券ストア
amazonトップページ


ゲーム系大手ブログが心臓病の息子さんを抱えるお母さんのサイトを全くの人違いで攻撃しています…。ゲーム業界はいい加減、自浄作用を働かせるべきです…。

先日TBSの番組で、心臓病の少年のドキュメンタリーが放映されていたようで、そこで、その心臓病の少年がマジックコンピュータと呼ばれる違法ツール(コンシューマゲーム機で違法コピーしたゲームソフトを動かすツール)を使っていたんですね…。そして、違法ツールを使っていた心臓病の少年とは全く別人の心臓病の少年を子供に持つお母さんのほのぼのとしたウェブサイトを、違法ツールを使っていた少年の母親のサイトであるとゲーム系大手ブログが伝え(実際は全くの別人です)、匿名掲示板と、匿名掲示板を利用してゲーム業界にひたすら攻撃的なことを書いているそのゲーム系大手ブログが、その、何の罪もないお母さんのサイトを明らかに犯罪的に攻撃していて(匿名掲示板はおそらく単純な勘違い、ゲーム系大手ブログはおそらく意図的に)、それがニュースになっていて、心底恐ろしいと思いました。

人違いで、全く無辜の何の罪もない、心臓病のお子さんと暮らしているお母さんのほのぼのとしたウェブサイトに対し、匿名掲示板とゲーム系大手ブログが扇動した勢力が、違法ツールとは何の関係もないそのお母さんと心臓病のお子さんに対し酷い罵詈讒謗や脅迫、殺人予告を投げかけていて、非常に恐ろしく、たまらなく辛いものを感じました。何の落ち度もないのに晴天の霹靂で突然彼らに襲われた被害者のお母さんとお子さんを非常に気の毒に感じますし、それを行ったのが企業舎弟としてゲーム業界との深い関係で有名なゲーム系大手ブログであることが、ゲーム好きの一人として非常に、胸が痛みます…。

ウィキペディア「企業舎弟」
企業舎弟は、暴力団の構成員や暴力団周辺者(準構成員)が、資金獲得(シノギ)のために経営する企業・及びその役員や従業員をいう。そこで得られた資金は、上部団体に上納され、最終的に暴力団の資金源になる。暴力団対策法の成立以降は、従来型の資金調達(いわゆる「みかじめ料」など)が困難になったため、法律適用の回避手段として多くの企業舎弟が生まれた。現在では「フロント企業」と呼ばれることが多い。

金融業や風俗業のように独自に経営・業務を行うものでは、表向きは合法企業であることを装っているが、実態は暴力団そのものというものがある。また、解体業・建設業・港湾業のように、歴史的な経緯から暴力団との関係が深い業界において、下請や孫請として利益を得るものがある。そうした企業が多い業種としては、いわゆる金融業(その大半が闇金融に分類される)や解体屋・産廃処分業・建設業(不動産業も含む)・港湾業・風俗業・家賃保証会社・債権回収会社などが挙げられる。

最近では暴力団関与の色彩を薄めるために、暴力団の構成員ではない一般の応募者を従業員として採用したり、構成員は経営者や幹部社員にならず、その親類縁者など暴力団とは直接のつながりのない人物を「ダミー」として使うケースが多くなっており、一見しただけでは普通の企業かフロント企業であるかの見分けが付きにくくなってきている。

また豊富な資金力を活かして、成長の見込める分野に出資し、株式市場などを含めた投資活動によって利益を回収しようとする動き(一種のマネーロンダリングである)も、近年では活発に行われている。ここ最近では出会い系サイトやペニーオークションといった成長が著しいIT業界・携帯電話コンテンツ業界への積極的なアプローチや、密接な関係なども囁かれている。ネットでは顔や正体がバレにくいため、身分を隠し偽る必要がある暴力団側としては、さまざまな点で都合がよいという利点がある。2010年9月には水産業にまで手を出していた事が判明した。

なお、普通の企業を装っていても、企業活動上において一たびトラブルが発生すれば、それまでの仮面を脱ぎ捨てて暴力団としての性格を露わにすることも、決して珍しいことではない。

いい加減、ゲーム業界は企業舎弟(上述のゲーム系大手ブログのような主にインターネットで活動しているネット企業系企業舎弟含む)から縁を切るべきです。確かに、ゲーム業界、特にアーケードゲーム業界は、その黎明期から、いわゆる暴力団やそれに類した反社会的組織と関係があったのは事実ですが、しかし、そういった反社会的で暴力的な業界との繋がりを続けることは、破滅にしか他なりません。ゲーム好きの一人として、こういった、ゲーム業界の暗部を象徴するような反社会的な勢力やそれに扇動された人々が、全く無辜の罪のないお母さんと心臓病のお子さんを攻撃して罵詈雑言や脅迫を行っているのを見るのは、本当に、やりきれない、絶望的なことです…。

反社会的な勢力とゲーム業界は手を切るべきです。今回の事件を起こした企業舎弟である大手ゲーム系ブログは、コナミの小島秀夫氏・竹内潤氏やカプコンの大黒健二氏、スクウェア・エニックスの山岸功典氏などのゲーム業界の重鎮と対談インタビューを行っていますが、こういった企業舎弟とゲーム会社との関係は、将来の禍根となります。何の罪もない人々を攻撃して苦しめる反社会的な企業舎弟とゲーム企業が関係を持つことは、ゲーム会社が反社会的な犯罪行動に加担していることになる、倫理的に誤っていることですし、ゲーム企業自体のダメージも計り知れない。コナミやカプコン、スクウェア・エニックスなどの会社のコンプライアンス、企業の社会的責任を根底から崩してしまうことになります。

ゲーム業界は、反社会的勢力、企業舎弟から、ちゃんと縁を切るべきです…。後、全く何の落ち度もないのに突然今回被害にあわれたお母さんとお子さんは身の安全を守るために警察に相談することが一番大切です。あと、非常にお気の毒ですが、ウェブサイトを閉じるしかないかも知れません…。僕は、ネット上の反社会的行為、違法行為に対して、きちんと法律を整備するべきだと思います。今はあまりにも、反社会的な勢力が野放しになりすぎている…。今回の件、匿名掲示板に気軽に書き込んでいる特にバックのない人々を利用して悪事を働いている先のゲーム系大手ブログの運営グループのようなビジネスを伴う業界(今回の場合はゲーム業界)と絡んでいるネット関連の企業舎弟がいるわけで、そういった職業的な反社会的集団に対しては、法律をきちんと整備しないと、今回のケースのようにみんな泣き寝入りになってしまいます…。光のあたらない広告企業、表ざたに出てこない広告、バズマーケティング・ステルスマーケティングを行う会社というのは、塀の外側と内側の中間、凄くグレーなところにある会社組織なのですね。そのグレーの暗部が、今回のようなネット上の企業舎弟などとして、日本のゲーム業界では非常に大きな力を持ってしまっている。これは日本のゲーム業界にとって大変な不幸だと思います。

ヤフー辞書「バズ・マーケティング」
「バズ」は「蜂がぶんぶんと飛ぶ音」という意味で、人の口から口へと伝えていくマーケティング手法のこと。いわゆる口コミではあるが、従来の口コミ手法と異なる点は、販売ターゲットを明確にし(若者一般ではなく、勉強に一生懸命の高校生とか、クラブで遊んでいる大学生といった、細分化されたターゲットグループ)、そのグループに影響力のある「人物」(情報発信人)と蜂集団(情報伝達人)の選定である。さまざまな機能がついた携帯電話を売り込みたいときは、ターゲットには流行に敏感で裕福な、クラブなどによく出入りしている若者を選定する。その若者たちが頻繁に出入りするクラブやブティックでもっとも影響力のある人物(クラブの有名DJやブティック店長)を100人選び出し、発売直後の新しい携帯電話を使ってもらう。そうすると「憧れのDJや店長が使っている携帯電話」ということで、若者たちが飛びつくのである。

ウィキペディア「ステルスマーケティング」
ステルスマーケティング (Stealth Marketing) とは消費者に宣伝と気づかれないように宣伝行為をすることである。

具体的には、あたかも客観的な記事を装った広告や、影響力のあるブロガーが報酬を得ていることを明示せずに、第三者的な立場を偽装して、特定の企業や製品について高い評価を行うことなどがあげられる 。この行為自体は刑事事件にはあたらないものの、モラルの観点からしばしば消費者団体などから非難を受けることがあり、また「やらせ」が発覚すれば消費者からの信用を落とすことにもつながりかねない。

このように、自身の身元や、宣伝が目的であることを隠して行われるため、消費者をだます側面を持ち『サクラ (おとり)』や『やらせ』との線引きが困難であるため、アメリカでは、マーケッターと「関係」の有無や、「金銭授受」の有無などを明らかにすべきという「倫理基準」を設ける動きが出ている。

繰り返しますが、ゲーム業界は反社会的勢力とは手を切るべきです。今回の事件を起こした企業舎弟のゲーム系大手ブログは今はグレーですが、将来的にはブラック、完全な違法となると思われますし、彼らは今も人々に危害を加える非人道的な行いをしている。ゲーム業界はそういった勢力と関係を持つべきではありません。ゲーム業界は、反社会的組織に加担することは、反社会的な、人々を傷つけ苦しめる行動に加担することであることを自覚して欲しいです。

アマゾンOTAKUストア
TVゲーム総合ストア
アニメーション総合ストア
漫画コミック総合ストア
ホビー・フィギュア・トレカ総合ストア
食品&飲料総合ストア
ペット用品総合ストア
電化製品・家電製品総合ストア
パソコン及び周辺機器・消耗品総合ストア
PC18禁ゲーム総合ストア
amazon液晶テレビ総合ストア
クラシック音楽ストア
アマゾンギフト券ストア
アマゾントップページ


吾妻ひでお「漫画家残酷物語」、西尾維新「作家極楽物語」。悲惨な漫画家と恵まれた作家の待遇の違い。

失踪日記
うつうつひでお日記 DX (角川文庫 あ 9-2)
地を這う魚 ひでおの青春日記

吾妻ひでおさんが漫画家の大変さを描いた部分の引用が話題になっていますね…。まさに「新・漫画家残酷物語」…。西尾維新さんが作家が如何に気楽で儲かる商売か書いた「難民探偵」での売れっ子作家の優雅な生活描写と全く対極過ぎて、なんとも…。西尾維新さんが著書「難民探偵」で、おそらくは自分の生活をモデルに、儲かりまくる作家の優雅な生活を露悪的に述べた部分を引用いたしますね。

「【漫画家】 大ヒット漫画家が、秋●書店の糞っぷりを暴露」
http://alfalfalfa.com/archives/1774754.html

西尾維新「難民探偵」より引用

「作家って奴は、売れてしまうと必ずといっていいほど、人格が崩壊するんだってさ。(中略)(作家が恵まれた環境の中で儲かり続けるのは)コストパフォーマンスの問題でさ。(作家は)最小の個人事業主だから人件費はゼロだし、事務所に雇われているわけでもない。アシスタントだっていないから取り分は丸々自分のものになる。こんな条件の下で売れてごらんよ。価値観がひっくり返されるようなひどいことになる。一億とか十億とか稼いじゃって、しかも周囲から先生扱いだ。おかしくならない方が異常だよ」(中略)

「人を雇わなくていいというのは、確かに利点かも知れませんね。なんだかんだで、経済活動で一番高くつくのは人件費だと聞いたことがあります。(中略)同じ作家でも、漫画家だったらアシスタントを雇わなければなりませんからね」

「そう。漫画家のメインストリームは週刊連載だというのがキツイ。あれは物理的な仕事量として、一人じゃ無理だろう。そこへ行くと小説家の締め切りなんて、あってなきがごとしだからね。雑誌連載でさえ破り放題らしいよ。ましてや書き下ろしをやという感じで――まあ、注釈しておくと、そんな変わった制度を持つのは日本くらいだそうだけどね。海外じゃ、ちゃんと契約書を交わして、締め切りどおりに仕上げないと、きっちり違約金を取られるそうだ」

日本の出版界には、契約という概念が希薄だということは、証子も聞いたことがあった。口約束が全てなのだそうだ。出版社と作家の信頼関係で成り立っているといえば聞こえはよいが、単にルーズなだけともいえる。(中略)

「あと、漫画と比べて活字は、ロングセラーが生まれやすいという利点はあるかもね」

「ロングセラー?」

「古びにくい、ということさ。四十年前の漫画は、それはそれで面白いけど、もう『名作』という視点でしか読めないだろう?世間で言われるような往年の名作漫画を今の小学生が楽しめると思うかい?アニメやドラマや映画も然り。(中略)(小説は)――百年前の小説が、余裕で読める。売れるものはいつまでも売れる。これが意外と大きい」

「ああ…消費者よりも作品自体の寿命の方が長いというのは、確かに大きいですね。音楽なんかもそうですけど…あれは関わってくる人数も多いですしね」

証子はうなずいた。

「つまり、(作家は)仕事自体がルーズなシステムの上になりたっていて、しかもコストパフォーマンス的にありえない稼ぎが出てしまうゆえに、その費用対効果のバランスの悪さゆえに、人格的に壊れてしまうということですか?」

「平たく言えばね。バランスが狂い、人格が狂う。(中略)(作家は恵まれすぎてて)幸せに思うべきなのかもしれない。壊れられるような流行作家になれたことを――(作家は環境が恵まれすぎてて壊れるというのは)そもそも贅沢な悩みだよ」
(西尾維新「難民探偵」)

なんとも…。最後に言われているように、作家の待遇が恵まれすぎてて壊れるなどというのは、贅沢極まりない悩み、そのような悩みに耽りたいと思う人々が大勢いるであろう、非常に幸福な境遇な訳でして、吾妻ひでおさんの描く、漫画家の忙しすぎる&編集者との軋轢に悩む悲惨な生活とはあまりに違いすぎて絶句です…。作家って、本当に良い恵まれた生活をしているんだな、その生活の一部でも、大変な生活をしている漫画家に分けてあげればいいのにと思わずにはいられません…。

あと、話変わって余談ですが、西尾維新氏の「難民探偵」、小説としてもミステリとしても物凄く評価低いですが(amazonレビューも厳しい)、これはメタ小説で、わざとこう書いたのではないかなと思いますね。西尾維新氏が自分自身をモデルとしているであろう、この小説内登場人物の作家は、もう売れっ子作家として功成り名を挙げており、一生遊んで暮らせるだけの莫大なお金を稼ぎ名声を手に入れていることで、作家としてのモチベーションが限りなく下がっており、もう作家としてのやる気がなくなりかけているんですね。たぶん、西尾維新氏の作家としての心情の素直な露吐なんじゃないかなと…。そう読むと、作家はあまりに環境が恵まれすぎてやる気が無くなるということが、この小説の一つのテーマですから、それを小説の出来ということで表した、新しいタイプのメタ小説なのかなと一読して思いました。あとは、わざとひどい小説を書くことで、一度売れっ子作家になればネームバリューだけで作品の質は問われずいくらでも売れ続ける状況に抗議を示したのかなと…。

「功成り名を遂げちゃったからねえ。今じゃあいつは、交通事故にでもあわない限り、(ネームバリューで本を出せば売れ続けるため)小説を書けなくなるステージに落ちない」

とっくの昔に一生分稼いじゃってるからねえ、と根深。(中略)

「近々作家自体を辞めちゃうんじゃないかと思うよ」
(西尾維新「難民探偵」)

しかし、売れっ子作家さん(おそらくは西尾維新さん自身)のこの悩みは、なんとも贅沢な悩みですね…。「自分は売れっ子作家として莫大な金も名声も何もかも全てを手に入れた。全てを手に入れた結果、作家としてのモチベーションが下がってしまったことが悩みだ」という贅沢すぎる悩みは、僕のように生活苦で明日も知れないほど生活に困っている貧しい立場からは、あまりにも共感不可能な上に、非常に羨ましいとしか言いようのない悩みで、なんともいいようのない絶望的な感覚に教われましたよ…。同じ地球上に生まれてここまで質の違う悩みが存在するのかと、そのことに深い苦悩を覚えましたよ…。この作品はことごとく低評価なのは、この作品のテーマである「売れっ子作家の悩み」というのは、悩みというより、「売れっ子作家の鼻持ちならない自慢」にしか聞こえないというのが間違いなくあるでしょうね…。この売れっ子作家は、使い切れないほど儲かったお金を社会のために役立てようとか、そういう発想は欠片もないのもどうかと思いますし…。吾妻ひでおさんが描く漫画家の悲哀に満ちた苦悩(こちらには共感できます)とは、あまりにも大違い過ぎる…。閑話休題。

難民探偵 (100周年書き下ろし)
難民探偵 (100周年書き下ろし)

漫画家と作家の大きな違いの一つとしては、編集者の態度や編集者の作品への介入の度合いが、漫画は非常に大きく、礼を失していることがあるということはよく言われていますね…。小説に対して編集者が「女の子の裸のエロティックなシーンをてこ入れのために入れろ」とかいうことは考えられないですが、漫画においては編集者はそういうことを平気で言ってくるということはよく聞きます。

編集者の漫画家への無礼や漫画への介入は、特に名門大手の出版社ほどその傾向が強いと言われていて、小学館の漫画編集者とか悪い話ばかり耳に入ってきます…。大手企業の編集者の多くは、漫画が好きで漫画編集になるのではなく、大手企業のエリート社員の一人として漫画編集の仕事に携わるため、『活字信仰』や『学歴信仰』を持っているエリート気質の人が多く、作家のことは『活字を書く先生』として尊敬するが、漫画家のことは『絵を描くセンセイ』として下に見ているという話は聞きます。僕の大好きな漫画家の楳図かずおさんは、小学館の漫画編集者に徹底的に侮辱されて、そのことで、「14歳」以降、実質的な断筆に追い込まれましたし…。こういう漫画差別は絶対に許せないなと思いますね…。

ウィキペディア「楳図かずお」
1995年に完結した『14歳』以後、漫画は休筆中。理由には長年の執筆による腱鞘炎が悪化したことと、「14歳」連載時、新任編集者に、ゲンコツを描いた紙を持ってこられ「手はこう描くんですよ」と言われたとされることから始まる小学館との関係の悪化が挙げられる。1971年『おろち』執筆以降、小学館の諸雑誌を主な発表の場としてきた楳図にとって、こうした扱いは許しがたいものであったと想像される。楳図はこの事件を単に新任編集者一人の性格の問題とは見ず、芸術志向の作品を描いてきた自分に対する、出版社の商業主義的な圧力と見てとったようである。

今、出版業界を支えているのは、小説よりも、遥かに漫画に功績があるわけで、編集者の人々は、漫画家さん一人ひとりをもっと尊重する姿勢で漫画作りを行って欲しいと、漫画が大好きな漫画読みの一人として、心から願います…。

最後に余談ですが、漫画家の描く漫画家生活漫画は、吾妻ひでおさん(ひでおの青春日記、うつうつひでお日記は傑作です!!)を始めとして、悲哀とペーソスがあって、それ自体が漫画として面白くて好きですね…。漫画家生活を描いた漫画としては、藤子不二雄「まんが道」、唐沢なをき「まんが極道」(まんが道と永島慎二「漫画家残酷物語」のパロディ)をお勧めします。面白いですよ。吾妻ひでおさんも藤子不二雄も唐沢なをきも、みんな、描線がまるっこくて柔らかく、キャラクターも柔らかさを持っていて、それが、上手に『漫画家としての苦しみ』という毒の描写を柔らかに昇華していますね…。こういった芸当は、小説には決して出来ない、漫画だけができる凄さだと思います。文字で『出版界』という毒のある世界を描写すると、先の西尾維新さんの文章や筒井康隆「大いなる助走」のように、どうしてもどこかギスギスしてしまいますが、漫画は絵柄で、それを柔らかくほわっとさせることができますね…。漫画編集者を描いた漫画では「編集王」がとても面白くてお勧めです。

「まんが極道」漫画の業に、詩の業に、取り憑かれた青年たち

あちこちの出版社に持ち込みを続ける漫画少女。ついには掲載を目指して「枕営業」をするようになる。それでも漫画家として芽が出ない。(中略)「まんが極道」は、これを読むと息苦しくなるという漫画家が多い。むろん、漫画という業に取り憑かれた青年たちの姿が辛辣かつ赤裸々に描かれているからだ。ただし、そんな業と無縁な人には、楽しく笑いながら読める。当の唐沢なをきがこれを笑いながら描いているのか、嗚咽をこらえ涙をぬぐいながら描いているのか、興味が沸くところである。
(呉智英「マンガ狂につける薬 二天一流編」)

まんが極道

まんが極道 1 (BEAM COMIX)
まんが極道 1 (BEAM COMIX)

参考作品(amazon)
失踪日記
逃亡日記
うつうつひでお日記 DX (角川文庫 あ 9-2)
うつうつひでお日記 その後
地を這う魚 ひでおの青春日記

吾妻ひでお作品一覧

唐沢なをき「まんが極道」

藤子不二雄「まんが道」

永島慎二「漫画家残酷物語」

難民探偵 (100周年書き下ろし)
マンガ狂につける薬 二天一流篇
編集王 全16巻完結(BIG SPIRITS COMICS) [マーケットプレイス コミックセット]
大いなる助走新装版(文春文庫)

amazon漫画ストア

アニメ総合一覧

amazonオタクストア

amazonトップページ

カプコンの池原実さんと切込隊長さんが稲船敬二さんにコメントを寄せていますね…。稲船さんがんばれ…。

デッドライジング 2【CEROレーティング「Z」】
デッドライジング 2【CEROレーティング「Z」】

僕は稲船敬二さんのカプコン退社を昨日始めて知って衝撃を受けたんですが、既に10月17日の時点から、切込隊長さんと池原実さん(ブレスオブファイアシリーズを製作したカプコンのゲームクリエイターさん、今年は稲船さんと一緒にデッドライジング2を製作)が稲船敬二さんの退社についてブログエントリ・ツイッターを書かれていたんですね…。切込隊長さんのエントリは、騎士団長=稲船敬二さん、王国=カプコンです。

切込隊長BLOG「功労者である騎士団長の解任と、王国側の事情」
http://kirik.tea-nifty.com/diary/2010/10/post-67d7.html

池原実さんツイッター
http://twitter.com/maqauto
10/17
騎士団長的な何かでいうと、おれは何者かであるのだろうか。一兵卒か。エンジョイアンドエキサイティングか。

10/27
自分でコンセプト立てて動けてない人が、新人に「コンセプトとは」(キリッとかやってんの。もう見てらんない。
とはいえ、弊社でゲームを作る上で優先されるのはコンセプトでもマーケティングでも作品性でもなく、お家事情だからな。

10/29
さようなら、ボス(;;)社長のblog
http://blog.daletto.net/inafunekeiji/
カプコンの稲船でなくなるだけで、稲船さんは稲船さんなんだけどね。
カプコンと、ダレットでの、ボスとしての稲船さんをリスペクトしてきたし、それも今後変わらないだろうと思う。
というか、会社のプレスリリースより、稲船さんのブログのほうが先なのか。

稲船敬二氏は,何を思い,何を考え,何を目指してカプコンを辞めていくのか。
http://www.4gamer.net/games/084/G008467/20101029004/
インタビュー読んでると、やっぱり稲船さんはオーラルコミュニケーションの人だとつくづく思うなあ。セミナーとかも面白い話するし。べしゃり上手い。

「しかし本当にショックだったのは,開発サイドにさえ理解されたかどうか危うい,という部分です」か…うーむ。俺のようなはぐれ企画マンが理解していたところで、援護にならないんだよなあ…
http://www.4gamer.net/games/084/G008467/20101029004/index_2.html

まあ、本当にちゃんと理解えきていたのかは別にしても、意識の、考え方の、視点の問題だからなあ。しくみをそれ向きに整えて、ぱきっと切り替えるか… 少しずつ啓蒙して浸透させるかしかないんだろう。
社内的にはもちろん、前に判っていたことだけど… オープンになると、やっぱり現実なんだなあと。 本当にこれは目先の仕事なんて放り出して、飲みに行くのが正解なのだろう。けど、おとついが締切りの仕事だからなこれ…

稲船さんインタビュー読み終わった。明解だった。
http://www.4gamer.net/games/084/G008467/20101029004/

はー。サラリーマン仕事に戻るか…

なんだか、読んでいて悲しくなってきました。稲船さん、頑張って欲しいです…。僕は稲船さんを応援したいですね…。余談ですが、僕、ブレスオブファイアシリーズ物凄く好きなので、池原実さんにはブレスオブファイアの新作、出して欲しいな…。ブレスオブファイア2はwiiのバーチャルコンソールでプレイできます、RPG好きで未プレイのお方々にはぜひにお勧めなゲームです。閑話休題。

話を戻しますと、ゲーム業界やそこで働くクリエイターさん達について、極めて嘲笑的で悪意に満ちたことばかり取り上げて、ゲームに関わるあらゆることに対しセンセーションな憎悪と敵意を毎日煽っているいくつかのゲーム系大手ブログは、今回の稲船さん退職のことを取り上げて、これぞとばかりに稲船さんをバッシングしています…。今回の事だけではなく、稲船さんはhttp://blog.excite.co.jp/k-inafune/14306548/などに見られるように、ちょっとエキセントリックなことを書くクリエイターさんです(僕はそのエキセントリックさの中に稲船さんを真面目な真摯さを感じ、好感を持っています)。それを、なんでかは分かりませんが、常にゲーム業界を嘲笑している幾つかのゲーム系大手ブログはそのエキセントリックさを嘲弄して、稲船さんは気の毒に昔から物凄くバッシングされています…。

しかし、今回の稲船さんの退社について述べるならば、まず、10/17の切込隊長さんのブログと、カプコンの社内にいるクリエイターさんである池原実さんのツイッターを読んで、その上で、カプコンが非常にワンマンな一族経営の会社であること(これは、先日放映したテレビ東京のカンブリア宮殿という番組にカプコン経営陣が出て、開発陣に対して物凄くワンマンな態度を取っていたのを見ました)、カプコンで面白いゲームを製作し活躍したクリエイターさんの多くは退社していることをあわせて考えるならば、稲船さんがインタビューhttp://www.4gamer.net/games/084/G008467/20101029004/で述べている言葉に、理があると僕は感じます。

独立した稲船さんが成功してくれるといいなと僕は思います。経営陣が開発チームを問題のある形で支配下に置くようなカプコン的なゲーム製作ではなく、開発チーム、ゲームクリエイターのお方々一人一人に、ちゃんとゲーム製作の報酬と実権が来るシステムがゲーム業界にきちんと作られれば良いなあと思いますね…。

上記のようなシステムへの取り組みとしては、例えば、今年のミリオンセラーソフトになった「wiiパーティ」や、面白さはプレイした僕が保証できるカービィシリーズの最新作「毛糸のカービィ」、メトロイドシリーズ最新作「メトロイドアザーエム」、ゼノギアス・ゼノサーガシリーズ最新作「ゼノブレイド」など(僕はカービィ・メトロイド・ゼノブレイド三作ともプレイして大満足です)、どれも、任天堂外部の開発チームに任天堂が委託して開発して、ゲーム発売前に任天堂の厳しいクオリティチェックを通って、クオリティに定評のある任天堂のゲームとして発売された作品です。

こういった形で、ゲーム開発自体は、小回りの効く外部の多様な開発チーム(ディベロッパー・開発元)が開発する、開発後、パブリッシャー(開発元に開発を委託する販売元。この場合は任天堂)がきちんとクオリティチェックが確り掛けることで、安心して信頼を持って購入できる作品となる、こういった、小規模な開発チーム・クリエイター(ディベロッパー)であっても良い作品を作れば評価され報われる仕組みが、もっと広範に広がればいいなと思いますね…。「黄金の太陽 漆黒の夜明け」シリーズや「カセキホリダー」シリーズもこの形態(外部開発チームが開発し、販売元任天堂が発売前に厳しいクオリティチェックを行う)だと思います。

パブリッシャーがディベロッパーに無理難題を押し付けるのではなく、パブリッシャーはディベロッパーが開発しやすいように良い環境を整える、その代わり、パブリッシャーはクオリティチェックを厳しく行って、きちんとしたゲームを開発できないディベロッパーのゲームは発売しない(販売元であるパブリッシャーのブランドクオリティを守る)ということを、パブリッシャーが心がけてくれれば、ゲーム業界は良い方向に変わってくると思います。

稲船さんには頑張って欲しいですね。カプコンから独立して出す新作ゲーム、一介のゲーム好きとして心から期待しております。

参考作品(amazon)
デッドライジング 2【CEROレーティング「Z」】
デッドライジング 2【CEROレーティング「Z」】
黄金の太陽 漆黒なる夜明け
アースシーカー(今冬発売予定)
ラストストーリー(仮称)
キャサリン
キャサリン
スーパーカセキホリダー
ぼくらはカセキホリダー
毛糸のカービィ
毛糸のカービィ 公式攻略本
METROID Other M(メトロイド アザーエム)
Xenoblade ゼノブレイド(特典なし)
Wii パーティー

アニメ総合一覧

amazonオタクストア

amazonトップページ

カプコンの稲船敬二氏退社、吃驚です…。ゲーム会社はクリエイターをもっと大切にして欲しい…。

黄金の太陽 漆黒なる夜明け

届くのを待ち望んでいるニンテンドーDSのRPG「黄金の太陽 漆黒の夜明け」、今日も届きませんでした。一昨日27日深夜にamazonから発送されているのですが、まだ届かない…。そしてなぜか、昨日28日に発送された「毛糸のカービィ」公式攻略本の方が今日届きました。佐川急便の発送システムは一体どうなっているんだろう。一昨日発送された荷物より昨日発送された荷物の方が先に届く…。amazonが発送するDSソフトは佐川メール便での発送なので、通常の佐川宅急便よりも遅れて届くみたいです…orz

稲船社長ブログ「さようなら」
http://blog.daletto.net/inafunekeiji/archives/1247962.html

ゲーム好きとして今日驚いた事件は、カプコンの名物クリエイター稲船敬二さんが、カプコンを退社したんですね。ここ数年、カプコンの屋台骨を支えていたクリエイターさん達が物凄い勢いで脱カプコンしていますが、ついに稲船さんまで…。カプコンの今後が心配です…。稲船さんの退社インタビュー記事見ると、稲船さん、カプコン社内で経営陣から疎まれていたのが分かって衝撃です…。ロックマンシリーズとかを一から手掛けた古くからのゲームクリエイター、カプコンの重役にして開発部門TOPだったのに…。

4Gamer_net ― 稲船敬二氏は,何を思い,何を考え,何を目指してカプコンを辞めていくのか。渦中の氏に直撃インタビュー(デッドライジング2)
http://www.4gamer.net/games/084/G008467/20101029004/
稲船氏:
 僕が「辞めます」って辞任意志を表明して辞表を出しても,誰も接触してこないんですよ(笑)。普通「ちょっと稲船時間とってよ」とか「どういうことだ。本音を聞きたい」とかあるじゃないですか。まったくなし。ゼロ。

4Gamer:
 ……冗談ですよね。

稲船氏:
 いやもちろん,現場のスタッフからは「やめんといてください」ってありがたい言葉をかけられましたけど,なんていうかマネージャクラスというか「それなりの力がある人」というか,そういう人は,普通は辞めるといい出した人を引き留めたり話をしようとしたり真意を聞きだそうとしたりすると思うんですけどね。

4Gamer:
 うーん……。

稲船氏:
 まぁ正直なところ,それ自体は別にいいんです。予想はしてました。しかし,ゲームを作って売ることがほとんどビジネスのすべてだといってもよいこの会社において,「開発」が会社の最重要のポイントであることは考えないといけないと思うんです。開発を無視して,この会社は成り立たないのに,それをあまりにも無視しちゃってるのが,今の実情なんです。
 なんでもかんでも作りたいものを作らせろなんてもちろん言いませんが,もうちょっと,ゲーム作りというものに対する信頼を,開発側に置いてほしかったですね。

4Gamer:
 置かれていない?

稲船氏:
 いませんよ。だって取締役会のメンバーは,誰一人ゲームのことが分からないんですよ。僕を取締役にしろとまでは言いません。でも,誰かゲームのことが分かる人をそういう最終決議の場所に置いておかないと,「ゲームを分からない経営」と「ゲームを作りたい開発」の溝はどんどん深まるばかりだと思うんです。それが,今後のカプコンにとって大きな問題になってくる気がしますね。

う〜ん…吃驚ですね…。ここ数年で船水紀孝氏(モンハン製作)や三上真司氏(バイオ製作)や稲葉敦志氏(大神製作)、神谷英樹氏(デビルメイクライ製作)など、名だたる有力なゲームクリエイターが次々とカプコンから退社しているので、変だなあとは思っていましたが、カプコン社内は僕の予想を遥かに超えたレベルでゴタゴタが悪化しているみたいですね…。

僕はどちらかというと、圧倒的クオリティである任天堂ブランド以外は、ブランドよりもクリエイター重視でゲーム買っているので、これでカプコンから最後の砦たる巧舟氏が離脱したら、もうカプコン製作で期待できるゲームが全くなくなってしまうなあと思いました…。一番最近買ったカプコンのゲーム、巧舟氏が作った「ゴーストトリック」で、カプコンだから買ったのではなく、巧舟氏製作だから買った作品ですから…。

僕が今後注目し期待しているゲームは、モンハンを作った元カプコンの船水紀孝氏が作るwiiのアースシーカー、ファイナルファンタジーを作った元スクウェア・エニックスの坂口博信氏が作るwiiのラストストーリー、任天堂最大のゲームクリエイター宮本茂氏が作るwiiのゼルダの伝説新作、ペルソナシリーズの製作チームが作っているPS3のキャサリン、そしてカプコンの巧舟氏が作っているニンテンドー3DSのレイトン教授vs逆転裁判、428や極限脱出を作ったレベルファイブのイシイジロウ氏が作っているニンテンドー3DSのタイムトラベラーズというところです。

任天堂は任天堂ブランドを信頼しているところが大きいですが、他は、面白いゲームを作ってきた船水さん、坂口さん、宮本さん、ペルソナ製作チーム、巧さん、イシイさんだから、これまでの実績があるクリエイターさん達を信頼して期待しているんですね。ゲーム会社は、ゲームクリエイターをもっと表に立てると共に、大切にするべきだと思います。下記の稲船さんの言葉に同感ですね…。僕のようなゲームプレイヤーにとって重要なのは、ゲーム会社の経営陣ではなく、製作者、実際にゲームをゼロから生み出すゲームクリエイターですから…。

稲船氏:
 今はやっぱり,新作の情報とかばかりになってしまって――もちろんそれはすごく大事なことですしね――すごく良いところや悪いところ,隠されているところなどが出てこないですよね。パブリッシャ側が出してる情報に過ぎませんから。でも,もっともっとクリエイターが前に出ていくことで,いい面も悪い面も出て,その両方を知ったうえで,応援するのか,叩くのか,そういう判断をしてほしいんです。
 カプコンという会社もそうだけど,ただそのブランドだけを見るんじゃなくて,どういう人が作って,どういう気持ちで作って……っていう部分に関してまで,読み取ってもらえるようになるといいと思うし,例えば4Gamerみたいな媒体が,そこまで踏み込めるようになるといいなぁ,と思います。そうすれば,業界は変わっていけるんじゃないでしょうか。

参考作品(amazon)
黄金の太陽 漆黒なる夜明け
アースシーカー(今冬発売予定)
ラストストーリー(仮称)
キャサリン
キャサリン
スーパーカセキホリダー
ぼくらはカセキホリダー
毛糸のカービィ
毛糸のカービィ 公式攻略本

アニメ総合一覧

amazonオタクストア

amazonトップページ

スクウェア・エニックスのドラゴンクエストシナリオスタッフ募集に応募しました。受かるといいなあ…。

僕は現在失業しており生活費がなくて困っていまして、年中就職活動をしているのですが、ネットで話題の「スクウェア・エニックスのドラゴンクエストシナリオスタッフ募集」、エントリーシートと作文1・2を書いて先ほどポストに出してきました。受かるといいなあ…。どうか、選考通りますように…。

スクウェア・エニックス「ドラゴンクエストシナリオスタッフ募集」
http://www.square-enix.com/jp/recruit/career/job/game/dq_index.html

テキストエディタで書いた作文1と2は一生懸命書いて、今できる全力で文章を纏められましたが、エントリーシートが…。エントリーシート書いているといつも思うんですけど、僕は字が物凄く下手なんですね。上手く書こう書こうと思っても、なぜかふにゃふにゃの字になってしまう。もっと字を上手く書きたかったという思いで一杯です…。作文で落ちるのは仕方ないですが、『エントリーシートの字が下手だから作文は見るまでもない』ということになったら悲しいなあ…。

僕は生活が究極的に困窮していて、生活費を限界まで節約してぐったりしている日々なので、どうか、書類選考通って欲しいですね…。最近は暑くて、僕もにゃんこもぐったりしていて、皆さんにお役立てできるような文章を書くことができず、申し訳ありません…。

参考作品(amazon)
ドラゴンクエスト モンスターバトルロードビクトリー
ドラゴンクエスト モンスターバトルロードコントローラ

amazonオタクストア

amazonトップページ

レグザ大好評で東芝黒字、東芝の完全復活ですね。HDDVDが失敗した頃を考えると凄いなあ…。

【エコポイント対象商品】 TOSHIBA REGZA 46V型 地上・BS・110度CSデジタルフルハイビジョン液晶テレビ 46ZX9000
【エコポイント対象商品】 TOSHIBA REGZA 42V型 地上・BS・110度CSデジタルフルハイビジョン液晶テレビ 42Z9000

「東芝だけが黒字」な理由、テレビ事業復活の舞台裏(上)(下)
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20100122-00000000-toyo-bus_all
2008年度、国内首位のシャープ、2位のパナソニックはともに営業赤字。世界2位のソニーに至ってはテレビ事業だけで、1300億円の営業赤字を計上した。
上位総崩れの中、唯一黒字を確保しているのが、事業規模で劣る東芝だ。実際、東芝のテレビ事業は絶好調。国内シェアは06年の1ケタから09年には20%目前と約3倍に上昇した。しかも一貫してシェアを伸ばしているのは東芝だけ。この同社だけのテレビ黒字を、業界通は“電機業界七不思議の一つ”と呼ぶ。

数年前、次世代DVD規格競争に敗れて収益・ビジネスモデル共に壊滅的な打撃を受けた東芝ですが、いつのまにか完全復活して、他の赤字メーカーを抜いて黒字を達成していたんですね…。次世代DVD規格競争で勝利したソニーが赤字で、敗者である東芝が黒字というのは、『次世代DVD規格に勝利した方が家電業界のシェアを握る』と言われていた頃のことを考えると本当に凄いなあと思いますね。

東芝のテレビ「レグザ」が売れているのは、ソニーの「ブラビア」やシャープの「アクオス」などに比べると、テレビの根幹である『画質(画面の綺麗さ)』というところで、レグザは一歩群を抜いているという評価が、ユーザーマーケット、実際の購買者からの評判として上がってきているというのが大きいと僕は思いますね。上記記事にも『日本は価格下落は厳しいが、高画質の付加価値品が売れる。』と出ているとおり、多少高めでも、より良い品質(画質)のテレビなら売れて、黒字を出せるということですね。

こういった根幹的な部分で、より良い品質の製品を提供する企業が、テレビに限らずあらゆる分野で、世界的に勝ち残っていくのかなと思います。僕は昨今話題の3Dテレビは失敗すると考えております。その最大の理由は、現状の技術では3Dテレビ機能を付けると、そのテレビは通常の2Dテレビ画面の画質までも大幅に低下する(画質、輝度、フレームレート、解像度などテレビとしての機能の大半は3Dテレビ化により大幅に機能低下する)というところです。テレビの全機能を低下させ、特に根幹的な部分『画質』までもダメにしてまで3D化機能を付与しても、購入者はごくわずかに留まるばかりか、画質がダメになったことでこれまでの顧客までも失う可能性が高いと考えています。

ゆえに、次世代DVD規格競争に敗北した東芝が日本の家電企業で1人勝ちしているように、3Dテレビシェア競争に負けた企業が3Dテレビシェアとは比較にならない巨大シェアである2Dテレビシェアにおいて勝ち、テレビシェアにおいて勝つということになるのかなと僕は思いますね。

東芝のレグザが現在示しているように、流行りものの最先端技術をひたすら持ち込むことよりも、ユーザーが求めているもの(テレビなら綺麗な画質)をきちんと出してゆける企業が勝ってゆけるというのは、真っ当で当たり前のことで、開発チームもこういったことをきちんと考えて製品を開発してくださるといいなあと思いますね。

参考作品(amazon)
【エコポイント対象商品】 TOSHIBA REGZA 46V型 地上・BS・110度CSデジタルフルハイビジョン液晶テレビ 46ZX9000
【エコポイント対象商品】 TOSHIBA REGZA 42V型 地上・BS・110度CSデジタルフルハイビジョン液晶テレビ 42Z9000
【エコポイント対象商品】 TOSHIBA REGZA 42V型 地上・BS・110度CSデジタルフルハイビジョン液晶テレビ HDD500GB内蔵 42H9000
【エコポイント対象商品】TOSHIBA REGZA 32V型 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ 32R9000
【エコポイント対象商品】TOSHIBA REGZA 26V型 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ 26A9000W ルーチェホワイト

amazonトップページ

先の「僕の大好きな近代クラシック作曲家、北欧三大マエストロの一人、ヴィルヘルム・ステンハンマル「セレナーデ」のエントリ 、投稿ボタン押してもエラー頻発しているので、上手く更新されてなかったら申し訳ありません。

GWでメンテナンスの人がお休みなのか、ライブドアのサーバーの調子がよくなく、前回の下記投稿エントリ、「僕の大好きな近代クラシック作曲家、北欧三大マエストロの一人、ヴィルヘルム・ステンハンマル「セレナーデ」 のエントリ、何回投稿してもエラーが出てうまく更新されないみたいなので、もし表示に不具合等でておりましたら、誠に申し訳ございません。追記:この更新自体もエラー頻発で上手く行きません。困りました…。

僕の大好きな近代クラシック作曲家、北欧三大マエストロの一人、ヴィルヘルム・ステンハンマル「セレナーデ」
http://nekodayo.livedoor.biz/archives/823045.html


amazonトップページ

TUTAYAディスカスに連絡しましたが全く話が通じません。有料プランに強制移行されお金取られました。酷い絶望です。

先日、下記二つのエントリで書いた件について、先ほどTUTAYAディスカスに電話連絡しました。

若き苦学生ショスタコーヴィッチを助けて彼に音楽の道を開いた作曲家グラズノフの名曲「ライモンダ組曲」
http://nekodayo.livedoor.biz/archives/817865.html


TUTAYAディスカスの無料キャンペーンに登録設定した所、システムトラブルにて勝手に有料移行していて酷く絶望的です。
http://nekodayo.livedoor.biz/archives/817700.html


以下、TUTAYAディスカスからの返答です。このような返答を頂きました。無料お試しは一ヶ月間8枚目までは無料。無料になる8枚目を返却した時点で予約リストに一点でも予約が入っていたら、無料期間である一ヶ月以内でも自動的に有料プランに移行になる。8枚のみしか借りられないオプション設定は有料プランのみでその設定にしていても無料お試し期間にその設定は適用されない。そのことはWEB上の規約に書いてないかもしれないがこちら側(TUTAYAディスカス)の規約としてそうなっている。異論は一切受け付けない、と言われました。以下、電話での応答です。

僕「8枚のみしか借りられない設定をしていても自動的に有料プランに強制移行するなら、それならどうしたら無料のみで8枚借りられるんですか?」

TUTAYA「無料お試し期間の一ヶ月以内に枚数8枚以内借りて、返却前に予約リストを全消去した状態にして、返却確認メールが届き無料期間内に退会手続きを行う。それ以外は全て有料プランに移行する。よってシステムトラブルによる移行ではない。通常の自動移行であり、こちら側に一切の責任はない」

僕「そのようなこと(無料期間中に予約リストが一点でもあった場合、有料プランに直ちに移行すること、また無料期間中はレンタル制限設定は無効であること)はWEB上の規約に書いてないと思いますが」

TUTAYA「こちら側の規約として問題ないと考えている」

僕「結局お金は返してもらえないのでしょうか」

TUTAYA「有料プランへ自動移行した場合、それに対して返金・解約などは一切認められない。今月で退会しても先月分及び今月分の費用は全額払って頂きます」(払って頂きますといっても僕のクレジットカードから強制的にTUTAYAが引き落とすので僕に拒否権はありません)

僕「分かりました。お金払って今月で退会します」

TUTAYAディスカスは余りにもやり口が酷いので、もう諦めて有料プラン代金を払って今月で解約しますが、消費者相談センターに苦情は申し立てておきます。TUTAYAは大企業なのにここまで悪徳な商売をしているとは思いませんでした。泣きたい気分です。酷すぎます。お腹が痛くて辛くて辛くて死にそうな気分です。

TUTAYAディスカスの悪どい有料プラン移行サービスは僕以外にも被害者がいるようです。以下のリンク等ご参照ください。

ツタヤの無料レンタルで・・・困ってます。(-_-;)
http://oshiete1.watch.impress.co.jp/qa3827401.html
無料の体験版をやっていました。希望どおりの順位ではDVDが来ないと書いてあったのでリストに多めに入れておきました。(そう書いてあった気がするんですが)

無料の8枚目が来ても 予約リストの下位から届くので無料期間1ヶ月以内(3月4日まで)、止めようと思ったのですがDVDを返却してからアクセスしたら既に、有料と表示されました・・・。しかも次が発送されていた。

以下のように書かれています・・・(-_-;)--------------------------

質問: 無料お試し期間中にプラン変更をしたところ、「フリートライアル中のレンタル枚数を超えているので休会および退会はできません。」と表示され手続きできないのですが?

回答: TSUTAYA DISCASでは毎日、午前3時頃、午前11時30分頃、午後15時頃の3回にわたり、発送タイトルの確定処理を行っております。(処理の終了時間は、物量に応じて変動しますので各時間一定ではありません。)Aプランなどの自動発送方式のプランの場合、返却と同時に次便が確定するため無料お試しの終了するタイミング(4便8枚をレンタルし、9・10枚目が確定)した場合その時点で有料会員様へ移行となるため、上記メッセージが表示されプラン変更受付ができません。(中略)

私が、のんびりおバカさんだったってことでしょうか今後の、ツタヤさんとの手続きの相談 どうしていいか分かりません。お手柔らかにお願いします。(中略)

回答 良回答10pt
半分、詐欺みたいな気がしますよね。試しの期間が終わってからあらためて、有料会員になるかどうか質問してくるべきですね。まともな会社ならね。私はつたやがまともな会社とは思ってないので(ソフトバンクといい勝負)はなから、疑っていました。
 
各店舗で値段が違うし、新作も旧作も期間が違うだけで値段は同じという非常識な設定だし。10万近い種類があるといっても店舗には少ないクラシックやバレー、オペラが豊富と思ったら、ほとんど無いとか。

 ネットで各社の評判を調べたら、ほとんどのレンタル屋の評価は低かったです。あなたも調べるべきでしたね。まともに届かないという不満が多いです。
 
野良犬に手を噛まれたと思って、あきらめてすぐに退会の手続きを取ってください。一ヶ月の料金はやむをえないでしょう。
 
これに懲りて、タダのものには近づかないように。タダより高いものはないのです。ある会場に呼ばれて、最初はタダだけど最後は50万の羽毛布団を今なら10万で・・と言われて契約したり(本当は1万)

友人の家に呼ばれたら、鍋、釜の実演販売だったり、詐欺同然の仕組みは社会のどこにでも存在するので、日頃から警戒心を養っておく事が大事です。何か買う時は価格コムや比較コムで購入者の評判を調べましょう。では。

まさにこの回答者さんの言う通りで、自分の愚かさに頭を抱えています。『野良犬に手を噛まれたと思って、あきらめてすぐに退会の手続きを取ってください。一ヶ月の料金はやむをえないでしょう。』という言葉通りになりました。絶望的です。あまりにもやり方があくどいです。

TUTAYAディスカスのサイトには8枚目を返却した時点で予約リストが全削除されていないと自動的に有料プランに移行すること、8枚のみレンタルの設定は設定しても無料プランには適用されないことが書かれていないが問題ないと言っていましたが、問題ありすぎだと思います。お金は払いますが(クレジットカード引き落としなので先月今月分をTUTAYAが勝手に引き落とすので支払い拒否できず強制的にTUTAYAに奪われます)、消費者センターにはこのこと詳しく報告しておこうと思います。TUTAYAディスカスの手口はあまりにも悪徳商法過ぎて酷すぎます。

お金がないので、TUTAYAディスカスに無理矢理取られるお金が凄いキツイです。クレジットカード払いなので、こちら側が苦情を申し立ててもTUTAYAディスカスはこちら側からの苦情を無視してお金は絶対的に引き落とされる訳で、支払いは避けられません。絶望的な気分です。なにかもう気分が真っ暗で絶望的です。

どうか、皆様方には、絶対にTUTAYAディスカスに入らないこと、無料の誘い言葉に惑わされて僕のような愚かな轍を踏まないことを、心から願います。僕は絶望的な気分です。TUTAYAディスカス酷すぎます。TUTAYAって大企業なのにこんな悪徳商売やっていて、なんでニュースにならないのか理解に苦しみます。僕は生活苦で死にそうな状態なので、予想外の物凄い苦しい出費で辛いです。

今度、消費者庁という省庁ができるそうですが、こういったTUTAYAディスカスみたいな悪徳な商法をきちんとどうか取り締まって欲しいです。今思えば、クレジットカード払いの時点で、無料の誘い言葉で客を釣って、強制的に有料プランに移行してクレジットカードからお金を引き落とすTUTAYAディスカスの商売のやり方だったんだなと、心から思います。

TUTAYAディスカスの、無料の誘い言葉でクレジットカード登録させて、強制的に有料プランに移行してお金をふんだくるやり方、法的な側面は合法なのかもしれませんが(違法だったら警察が動いていると思います)、たとえ灰色の合法でも、これは明らかに企業倫理に反した行いだと思います。このような手口に引っかかった自らの愚かさが憎いです。自分に対して酷い絶望を覚えてお腹が痛いです。皆様方が僕のような愚かな轍を踏まないことを願います。

自分の世渡りの下手さに何か酷い絶望してきて、お金全然なくて生活困窮しているところをTUTAYAディスカスに止めを刺されて、胸が真っ暗闇です。深い絶望感を感じます。

何もかも酷い絶望状態で抑うつ状態が酷く、とても辛いです。最後にポーランドの詩人、ヨゼフ・ヴィトリンの詩をご紹介致します。この世の中は弱肉強食で、弱いものは強いものに喰われて滅びる、僕みたいなどん底の愚か者はTUTAYAのような強大な大企業に奪われて何もかも失っていくのだと思うと、酷い絶望的でこの詩を思い出しました。辛いです。非常に辛い状態で、今後更新滞りましたら申し訳ございません。

「ポケットのなかの東欧文学」より
ヨゼフ・ヴィトリン

「ポーランドのユダヤ人に」

汝ら太古の地を受け継いだ血、汝らの砕けやすい骨を受け継いだ骨
ゲットーの兄弟よ、汝らを悼む言葉が見つからない

汝らの受難がポーランドの敷石に凝り固まる
汝らの受難の血で私の歌ははや重く苦しくなる
音を立てて砕けた汝らの骨はポーランドの草原で白骨化する
腹を空かせた犬すら見向きもせず、呪いの息を吐く
汝らの内臓は空腹におそわれ、それを死の弾丸が引き裂く
奇蹟を待っても無駄だ、死は汝らをくるみこむ
紙で、新しい死の天使の汚らしい翼で
わが悲痛の歌がかすれた音を立てる――眠れぬ夜ごと

新たに砂漠する世界への天からの賜物、
汝はいずこ?
かつて触れるだけで奇蹟をなしたモーセの恵み、汝はいずこ?
生きとし生けるもの罪を洗い流してくれる恵みの泉、汝はいずこ?
暗黒を退散させる曙光、汝はいずこ?

ノヴォーリーピェ通りでは敷石の下から牛乳の泉が湧いた
牢獄の壁の煉瓦から混じりけのない芥子がこぼれでる
レシュノ通りにはまるでカルメル山の斜面のように木の根がはびこった
友よ、汝は夢の中、罪のない心を飲み干す
アメリカからの援助を救世主を待つように待っている
ユダヤ人の医師がいくら伝染病のもとを断とうとするが力不足だ
キリスト教徒の友人がこっそりジャガイモを1キロ運んでくれた
汝の長であったアダム・チャルニャークフ(注1)は毒を呷った

市役所ではスタジンスキ市長(注2)が彼を迎えた
「握手しようよ、兄弟」――そう言うだけで、何を尋ねようともしなかった

汝ら太古の地を受け継いだ血、汝らの砕けやすい骨を受け継いだ骨
おお、兄弟よ、遠い自由の国から悲しい歌を送る
汝らの内臓は空腹に襲われ、それを死の弾丸が引き裂くのだ
奇蹟を待っても無駄だ、死は汝らを紙でくるんでしまう
紙、新しい死の天使の汚らしい翼
わが悲痛の歌がかすれた音を立てる――眠れぬ夜ごと

(注1ユダヤ名、アヴロム・チェルニャコフ。ワルシャワがドイツ軍に包囲された1939年9月23日から、思いつめて服毒自殺を遂げた1942年7月22日まで、三年近く、ワルシャワのユダヤ評議会議長を務めた。ゲットー住民のトレブリンカ移送に何ら抵抗できなかった自己嫌悪がその命を断たせた。ポーランド語で書き残された『日記』はリンゲルブルムの『日録』と並んで、ワルシャワ・ゲットーの日々を知る一級史料。(中略)この詩は、(弱い立場の人々の為に尽くしたが果たせなかった)チェルニャークフの死がニューヨークのユダヤ人社会・ポーランド人社会に衝撃を与えた直後の1942年8月の詩である。(西欧諸国に)トレブリンカのガス殺(トレブリンカ大虐殺)が報道されるまで、まだしばらくの時間が必要だった。

(注2チェルニャークをユダヤ人評議会議長に任命した第二次大戦当時の市長。ワルシャワ陥落後、(ユダヤ人に協力したとして)ゲシュタポは彼を逮捕)

何か、絶望的です。弱いものは強いものに喰われて死ぬしかないのかという思いが頭中から離れず、胸が重くて辛いです。一生懸命話せばTUTAYAの人とも話し通じるかと思っていたのですが、全く話通じず、お金は取られることになって、気持ちが重くて苦しいです。物凄く辛いです。

参考作品(amazon)
ポケットのなかの東欧文学―ルネッサンスから現代まで

amazonトップページ
最新記事
livedoor プロフィール
記事検索
  • ライブドアブログ