ねこねこブログ

ねこねこと申します。ねこ大好き(*^^*)アニメ、マンガ、ゲーム、本とかも大好きです。楽しいことたくさん書いていきたいと思います。今、うつ病で無職で生活が非常に貧困困窮しておりまして、買い物してくださるととても感謝します。メールについてはこちらをご覧下さい。リンクフリーです。ツイッターはこちらです。https://twitter.com/kemohure

映画・映像作品

ツイッター始めてますのでご報告です。

先日よりツイッターを始めたのでご報告致しますね。

https://twitter.com/kemohure

ちょこちょこした更新はこちらでやっていこうかなと…。ブログともどもよろしくお願いします。

ツイッターにも書いたんですが今日(深夜2:20)、フジテレビで「屍者の帝国」放映するのでお勧めです。円城塔さんの作品では、おそらく最も抽象性が低くエンターテイメント性の高いとっつきやすい作品で、伊藤計劃さんのことを物凄く意識しているのが感じられるのも面白かったですね。

屍者の帝国 (河出文庫)屍者の帝国 (河出文庫)
著者:伊藤 計劃
河出書房新社(2014-11-06)
販売元:Amazon.co.jp

屍者の帝国 (完全生産限定版) [Blu-ray]屍者の帝国 (完全生産限定版) [Blu-ray]
出演:細谷佳正
アニプレックス(2016)
販売元:Amazon.co.jp

けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (1)けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (1)
KADOKAWA(2017-03-25)
販売元:Amazon.co.jp

アマゾンギフト券ストア



アマゾンOTAKUストア
TVゲーム総合ストア
アニメーション総合ストア
漫画コミック総合ストア
ホビー・フィギュア・トレカ総合ストア
食品&飲料総合ストア
ペット用品総合ストア
電化製品・家電製品総合ストア
パソコン及び周辺機器・消耗品総合ストア
PC18禁ゲーム総合ストア
amazon液晶テレビ総合ストア
クラシック音楽総合ストア
アマゾンギフト券ストア
amazonトップページ


本日のガンダム鉄血のオルフェンズのアトラちゃんの発言はクリスマスに放送だからメタ・フィクションな発言をしたのでしょう…。

もっとも原始的な求心力は身体から来る感情だ。
(長谷敏司「震える犬」「ヴィジョンズ」より)

表題通り。この日にリアルタイムにガンダムみている我々には関係がなさそうですね…。

https://twitter.com/meteorez8/status/812971182571933696
アトラは一期で浮かんだ計画をクーデリアに話してないから、「私も(三日月と)子作りするからクーデリアさんも子作りして!」的な意味と思ったな

解釈としては私も上記のツイッターの方の言う通りだと思います。クーデリアさんの反応を見ると明らかにコミカルなシーンへの繋ぎとして作られてるし、アトラちゃんに問題があるとかそういう深刻な話ではないと思いましたね。

ヴィジョンズヴィジョンズ
著者:円城 塔
講談社(2016-10-19)
販売元:Amazon.co.jp

【早期予約特典あり】 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 弐 1 (特装限定版) (A4クリアファイル付) [Blu-ray]【早期予約特典あり】 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 弐 1 (特装限定版) (A4クリアファイル付) [Blu-ray]
バンダイビジュアル(2017-02-24)
販売元:Amazon.co.jp

アニメーション総合ストア
アマゾンギフト券ストア



アマゾンOTAKUストア
TVゲーム総合ストア
アニメーション総合ストア
漫画コミック総合ストア
ホビー・フィギュア・トレカ総合ストア
食品&飲料総合ストア
ペット用品総合ストア
電化製品・家電製品総合ストア
パソコン及び周辺機器・消耗品総合ストア
PC18禁ゲーム総合ストア
amazon液晶テレビ総合ストア
クラシック音楽総合ストア
アマゾンギフト券ストア
amazonトップページ


「プリズマ☆イリヤ」等を製作するアニメ製作会社ピコナ、残業チケット制により労働環境を画期的に改善、グッド・アクション表彰を受ける。アニメ好きとしてこういう動きが広がって欲しいです。

「プリズマ☆イリヤ」「モンスターストライク」などを手がけるアニメ製作会社ピコナ、残業チケット制度により残業を減らし労働環境を画期的に改善して、株式会社リクルートからグッド・アクション表彰を受賞。朝日新聞や日経サイトで大きく特集されているのでご紹介致しますね。

株式会社ピコナ公式サイト
http://picona.jp/

12月21日朝日新聞朝刊経済面「この業界 変えてやる」より

アニメ 残業80%削減

社員13人のアニメ製作会社「ピコナ」(東京都大田区)。残業につぐ残業、のアニメ業界にあって、残業80%削減を達成した。この3年間で、月平均時間100時間あった残業を20時間まで減らしたのだ。

そのわけは「残業チケット」にあり。毎月、ネットで社員に5枚ずつ配り、残業1回で1枚使わなくてはならない。チケットがなくなったら残業不可だ。すると、社員は日々の仕事量を調整し、必要なときしか残業をしなくなった。

アニメ業界が長く、09年にこの会社を作った吉田健(38)には、危機感があった。残業に疲れ、業界を去る人が後はたたない。若者は「残業が多いからアニメで働きたくない」という。

アニメーターは根性(長時間労働)でがんばる、という古い考え方は、もう通用しない。

「うちは微力な中小企業です。でも、残業ばかりという業界を変えたいという思いが広がれば、もしかしたら、とも思うんです」

国際自動車とピコナの取り組みは(リクルート社から)「グッド・アクション」(良い行動)として表彰された。

残業80%減! これが業界の常識を覆した「残業チケット」
http://wol.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/041200068/072500009/
ピコナが行っている「残業チケット」制度は、月初にシステム上で“チケット”が10枚配布され、残業をする際にそのチケットを使うというもの。残業をする場合は19時までを目安に申請し、1枚のチケットで最大23時まで残ることができます。

 「ただし、6枚以上は“ペナルティ”があります」と林さん。差し出されたのは……カジノのコイン? 「チケットが6枚以上になると、1枚あたり“ピコナポイント”が5ポイントマイナスになるんです」

 社員のアイデアで始まったという「ピコナポイント」は、福利厚生の一環。1日出社するごとに1ポイント貯まり、ポイント数に応じて豪華景品の当たるサイコロが振れる仕組みです。なるほど、みなさんが出社時に手にしていたのはこのポイントだったんですね。景品はカニ缶やチョコレートなどの食べ物から、遊園地のチケットまでさまざま。景品の内容も社員の希望で決めたそうです。

 「5ポイント引かれるということは、1週間の出勤分すべてということになりますから、6枚以上チケットを使う人はまずいませんね」(中略)

 「空いた時間にインプットができるようになりました。仕事柄、やはりさまざまな映像作品に触れたいので、退社してからレイトショーを観に行ったりしています。残業チケットが浸透してから、自宅で『金曜ロードショー』も観れるようになったんですよ」(CGアニメーター 山田さん)

 「私は他業種から転職したのですが、長時間労働が当たり前なイメージを持って入社したので、残業が少なくて驚きました。好きな仕事だからこそ、時間制限がないとどこまでも突き詰めてしまうので、残業チケットは仕事を切り上げる良いきっかけになっています」(CGモデラー 大塚さん)

 月によってはチケットを1枚も使わない社員(残業ゼロ社員)もいるそうです。

 最も大きな変化は、社員たちに「帰る」意識が根付いたことだと林さんは言います。

 「制度を始めた頃は、社長や私に言われて、みんな『仕方なく』帰っていたと思います。少し制度が定着してからも、早く帰ることにどこか罪悪感を持っていたようでした。それが今では、帰ることが『当たり前』に。その雰囲気が根付いているので、新入社員ほど早く帰っているかもしれません。

 クリエイターの仕事は、どこまでも追求することができるのでゴールがないんですね。こだわり始めると、いつまでも残ることになってしまいかねません。そこをチケット制度で上手くコントロールできているんだと思います」

 林さんは2人の子どもがいるママ。仕事と家庭と2つの顔を持っているからこそ、時間の使い方には気を配っています。どうしても会社を休めない日に子どもが微熱を出してしまったとき、社長に相談すると、二つ返事で「連れておいでよ」と言ってもらえたのだそうです。「社長は私たちの“働きやすさ”をとても重視してくれるんです。オフィスが一軒家なので、微熱だけど元気な子どもを連れてきて、遊ばせる場所があるのもありがたかったですね」

ピコナの労働環境、良い意味で凄いな。労働環境改善の工夫が素晴らしいと思いますね。残業チケット制度による労働環境改善、素晴らしい取り組みだと思いますね。

私はうつ病で無職でお金がなくて大変困っているんですが(アマゾンギフト券を贈って頂けたりアマゾンでお買い物して頂けたりすると凄くありがたいです…)、病院のデイケア(障害3級で障害者支援法を受けているのでデイケア等はほぼ無料です)で親交のできた、似たような状況にいる(うつで休職している)患者さんに、アニメーターさんが二人もいる…。それも、アニメ好きならみんな知っているようなアニメに関わっていたアニメーターさんで、何のアニメに関わっていたか聞いたときは本当に驚きました。労働環境が本当に苛酷ということ聞きましたね…。

アニメ好きとして、アニメーション製作の労働環境は本当に改善してほしいですね。人を使い捨てていたら、ピコナの吉田さんが言うように、本当に、日本でアニメ製作を目指す人がいなくなってしまうと思います…。ピコナが行っている残業チケット制度のように、他のアニメ製作会社も労働環境を工夫して改善していって欲しいですね…。

アニメーション総合ストア

アマゾンギフト券ストア



アマゾンOTAKUストア
TVゲーム総合ストア
アニメーション総合ストア
漫画コミック総合ストア
ホビー・フィギュア・トレカ総合ストア
食品&飲料総合ストア
ペット用品総合ストア
電化製品・家電製品総合ストア
パソコン及び周辺機器・消耗品総合ストア
PC18禁ゲーム総合ストア
amazon液晶テレビ総合ストア
クラシック音楽総合ストア
アマゾンギフト券ストア
amazonトップページ


理想の彼氏理想の彼女画像騒動に対するたった一つの冴えた回答。「砂男」=「ローゼンメイデン」論。

理想の彼氏(http://nekodayo.livedoor.biz/archives/1917713.html)理想の彼女(http://nekodayo.livedoor.biz/archives/1917627.html)画像騒動に対して、既にツイッター上で完璧な回答が出ていた!!

https://twitter.com/wasasula/status/808158793850724352
市井の声をまとめると、「理想の彼氏はATMで、理想の彼女はお人形」ということになるので、自分のATMを使って自分だけのお人形を生み出せるドール趣味は「理想の男女関係」を自ら創造する究極の営みである、ということになる

パーフェクトだ、ウォルター。

西欧のドイツ文学分析や種村季弘さんや澁澤龍彦さんのドイツ文学分析なんかだと、ガチで、ホフマン「砂男」の分析論で「クララ(現実の異性)は現実の異性関係・現実世界の象徴であり、オリンピア(人形・ドール)は純粋愛・純粋精神の象徴である。ナタナエルはバランスを取ることに失敗した」みたいな分析していたりしますね。日本には「ローゼンメイデン」があるので理解されやすそう…。つまり、

左はローゼンメイデン登場人物、右は砂男登場人物。
桜田ジュン=ナタナエル
(主人公。現実と精神で引き裂かれる)
桜田のり=ロタール
(現実の方に導こうとする導き手)
柏葉巴・斉藤=クララ
(現実の異性。現実世界の方に天秤を傾ける)
真紅を始めとしたローゼンメイデンのドール達=オリンピア
(精神の異性。精神世界の方に天秤を傾ける)
ローゼン=スパランツァーニ教授
(精神の方に導こうとする導き手)
ラプラスの魔=コッペリウス・コッポラ
(現実と精神のバランスを崩壊させようとする導き手)

という感じですな…。ローゼンメイデンだと最終的に現実の方に着地しちゃってるので(精神の方に着地して破滅する「砂男」とはちょうど逆になっている)、もう少し精神(ローゼンメイデン達)との関係を深く描いて欲しかったなとは感じますね…。精神世界に傾倒し過ぎるとナタナエルの末路を辿るのは確かと思いますが、一方で心にローゼンメイデンがいなければ(精神世界の理想がなければ)、人は生きていけない、無味乾燥な現実だけでは人は生きていけないと思うので…。その点で、ローゼンメイデンゼロには期待しています。

フロイト流の父親像のみが救済の契機として有効かどうかという問題は、依然として懸案にとどまるだろう。もしかするとそれはヨーロッパ思想の限界なのかもしれない。すなわち、無気味な機械人形オリンピアそのものが救済の契機たりうるかもしれないという観点は、そこからは出てきにくいのである。
(種村季弘「ホフマンとフロイト」「砂男/無気味なもの」より)

砂男/クレスペル顧問官 (光文社古典新訳文庫)砂男/クレスペル顧問官 (光文社古典新訳文庫)
著者:エルンスト・テオドール・アマデウス ホフマン
光文社(2014-01-09)
販売元:Amazon.co.jp

ローゼンメイデン0―ゼロ― 1 (ヤングジャンプコミックス)ローゼンメイデン0―ゼロ― 1 (ヤングジャンプコミックス)
著者:PEACH-PIT
集英社(2016-11-18)
販売元:Amazon.co.jp

ローゼンメイデン 愛蔵版 コミック 全10巻完結セット (ヤングジャンプコミックス)ローゼンメイデン 愛蔵版 コミック 全10巻完結セット (ヤングジャンプコミックス)
著者:PEACH-PIT
集英社(2014-04-18)
販売元:Amazon.co.jp

「ローゼンメイデン」(2013)コンパクト・コレクション Blu-ray「ローゼンメイデン」(2013)コンパクト・コレクション Blu-ray
出演:逢坂良太
ポニーキャニオン(2016-01-27)
販売元:Amazon.co.jp

ローゼンメイデン Blu-ray BOX (1)ローゼンメイデン Blu-ray BOX (1)
出演:沢城みゆき
ポニーキャニオン(2013-05-24)
販売元:Amazon.co.jp

ローゼンメイデン Blu-ray BOX (2)ローゼンメイデン Blu-ray BOX (2)
出演:沢城みゆき
ポニーキャニオン(2013-06-28)
販売元:Amazon.co.jp

砂男 無気味なもの―種村季弘コレクション (河出文庫)砂男 無気味なもの―種村季弘コレクション (河出文庫)
著者:E.T.A. ホフマン
河出書房新社(1995-03)
販売元:Amazon.co.jp

クララ殺し (創元クライム・クラブ)クララ殺し (創元クライム・クラブ)
著者:小林 泰三
東京創元社(2016-06-30)
販売元:Amazon.co.jp

アマゾンギフト券ストア



アマゾンOTAKUストア
TVゲーム総合ストア
アニメーション総合ストア
漫画コミック総合ストア
ホビー・フィギュア・トレカ総合ストア
食品&飲料総合ストア
ペット用品総合ストア
電化製品・家電製品総合ストア
パソコン及び周辺機器・消耗品総合ストア
PC18禁ゲーム総合ストア
amazon液晶テレビ総合ストア
クラシック音楽総合ストア
アマゾンギフト券ストア
amazonトップページ


日本芸能界における児童搾取労働を描いたドキュメンタリー「Girl Model」視聴。衝撃的過ぎる…。国連は日本の児童労働に対して是正勧告だしてくれ…。追記有。

モデルの仕事でロシアから来日した13歳の女の子は20万の借金背負わされて国に送り返された
http://togetter.com/li/1056026

日本でモデルやるシベリア少女の実録で暗くなる:Girl Model
http://longtailworld.blogspot.jp/2013/05/
映画は水着審査のシーンで始まる。思春期前のポキッと折れるようなフレッシュな体を求めてシベリアの寒村に出向くスカウター。なんでもいいから外の世界に出て家族を養いたい少女たち。品評会のような審査で見事グランプリに輝きティアラを頭に載せた13歳の少女ナディアは「日本に行けばモデルの契約が2つあって実家に8000ドル送れる」という甘い言葉を信じ、意気揚々とシベリア横断鉄道に乗った。が、しかし…

・成田には誰も迎えにきていない
・狭いワンルームにモデル仲間とふたり
・日本人には「年齢は15歳と言ってね」と言われる。それ労基法違反だから
・契約の話は噓で、来る日も来る日もキャスティング。仕事がない
・撮影に引き回すが写真の行方はわからず、ギャラがいくらかもわからない
・交通費・食費・家賃・コピー代は全部8000ドルから天引かれる
・契約書(英語で意味もわからないままサイン)をよく読むと、ギャラは「諸経費を引いた後」とあり、実質借金だらけ
・契約書には「契約内容は毎日更新の可能性」の1項もあり、完全にエージェントの言うなり
・結局ろくな仕事はとれず雑誌の写真も口だけ映って終わる。
・2700ドルの借金を抱えて帰国
・今は他のアジア地域で働く日々

「GIRL MODEL」 というドキュメンタリー映画を観た。
http://shumatsuwotohnisugit.blog.fc2.com/blog-entry-2292.html
つまり池袋の駅前で下手な日雇い仕事の手配師に引っかかったが最後、いきなり黒部渓谷のダム工事現場に連れて行かれて、なんていう、あれのロシア少女版である。

そしてそこには、まさに売春目的の人身売買の匂いがむんむんなのである。

という訳で、滞在許可の期限の切れる二ヶ月後、ろくな仕事の取れなかったナディアはそのまま本国送還となるのだが、そんな彼女の手元にもしっかりと日本での必要経費の請求書。

あれ、約束の8000ドルは?

つまり、それを含めてあるものないもの一切合財の必要経費を差っぴかれた末に、残ったものはまさに目を見張るような大赤字、という筋書き。

そんな金、払えるわけもなく・・・・

という訳で、ナディアの元にまた新たな契約書が手渡される。

つまり、ヌード撮影を受諾する契約書。先の日本行きの借金を返すために、その契約書と共に再び日本、そして台湾、中国へと巡業の旅に出ざるを得ないナディア。

まあその行く末は、と言えば、ご想像にお任せします、というか、まあそんなこと誰でも判るだろう、といったところ。(中略)

そして女賎の人買い、じゃなかった、モデル・エージェント、そして日本側のそれ、も合わせて、素顔も本名も丸見え、ってことは、これ、表向きには合法なんであろうか、とまさに目が点々である。という訳で、スカウト・マンのアシュレー、これまでの成果物の少女たちのアルバムを捲りながら、

この娘もこの娘もこの娘も消えちゃったわ。さあねえ、どこでなにをしていることやら。多分、そう、売春じゃない?それ以外にないもの。そう、売春だってそれほど悪いものじゃないわよ。

だそうなのである。

つまりそう、無一文の13歳の少女をタコ部屋に放置プレーというのは、つまりはそう、それが前提としてある訳なのだろう。

ブラック企業もここまでくるととんでもない物があるわけだがまあAKBやらの日本のアイドル業界を上げるまでもなく、げーのーかい、やら、ふぁっしょんかんけーやらのキラキラした世界の内幕ってのは、得てしてこんなものなのだろうか。

先日BBCで放送された日本芸能界における児童搾取労働を描いたドキュメンタリー「Girl Model」全編視聴。ユーチューブで全世界にオフィシャルに完全公開されています(日本語訳はないですが、多少英語が分かれば内容を理解可能です)。ロシア人の少女が日本に働きに来る来日後(25分辺りから)の展開がきつすぎる…。なんなんこれ…。酷すぎる…。日本芸能界の児童を対象にした芸能活動って完全にタコ部屋監禁で人身売買かつ児童労働なんですね…。日本に対して日本人であっても心から怒りが湧き上がりますよ。この国は本当に腐敗した国であると心底から感じずにはおれない。これ見たらプーチン大統領も日本に大激怒ですわ…。国連は日本芸能界の児童労働に対して是正勧告だしてくれ…。国連は人身売買に対してももっと強く日本に是正を申し入れるべき。この国は完全に腐ってるから内部から変わるの無理なんですよ…。

独り身で言葉も分からず何も無い幼い娘に日本の事務所の人間はお金もご飯も渡さないし、完全に道具扱いで芸能奴隷としか思ってないのがもう…。日本人の冷淡さが炸裂していて見ていてきつい。他者(和の外にいる人間)に対してそれが子供だろうと何だろうと極端に冷淡なのは日本の文化性なのかなと感じて悲しくなりますね…。海外の小説(西欧の小説)だと日本人って感情の起伏が薄く常に超然とした共感なき冷酷な人間として描かれていることが凄く多いですが、たぶんこういう冷淡さからきてるんだろうな…。

腐敗した芸能界の仲間たる民放キー局でこのドキュメンタリーが放送されることはまず永遠にないので、国営放送のNHKにもし良心が一かけらでもあるのなら、BBCと同じようにこのドキュメンタリーを日本で放送すべきです!!

まあNHKにも無理か…。この国腐ってますからね…。ただ、このドキュメンタリーがBBCとユーチューブを通して全世界に公開されることで全世界の人々に日本の労働環境の真の姿(弱い立場の人を契約でがんじがらめにして債務などを被せて追い込むブラック労働手法。今野晴貴さんの著書に詳しい)がどういうものであるかはっきり分かってもらえたというのは、民放キー局が垂れ流す日本スゴイ系プロパガンダの一兆倍は有意義なことであると思いますね…。

追記:後、余談ですが、日本は人身売買においても昔から恥ずべき国家で、近代における世界最大の人身売買者は日本人の村岡伊平次(近代日本の人身売買組織の長。貧しい日本人女性を大量に誘拐しそれら日本人女性に性的暴行を加えた後に売春婦として海外に売り飛ばした。その数は数万人とされている。しかもそれらを自伝として発表した)であり、しかもこのような近代歴史上の最大の犯罪者の一人として目されている人物が、刑務所に入ることも誰かに討たれることもなく、最後まで日本の大富豪の名士として国内の豪邸で安楽に大往生するということに、世界中の諸国は呆れ果てた訳ですよ…。

こういう恥ずべき日本の悪夢の歴史を、きちんと教えて、そして反省すべき点は反省して改善していかなければいけないんですよ…。過去の日本スゴイとか、日本の実際の過去の歴史を知っていたら、馬鹿げていて空虚過ぎますよ。

長崎県島原で生まれた村岡伊平次は、明治18年、18歳で香港に渡って以来、日本の女を「からゆきさん」(中国・東南アジア向けの日本の売春婦)として売り飛ばす商売を始めた。

日本中の前科者を集め、「皆さんが日本国民として生まれながらに国家にあだをし、国民性を失い、身を持ち崩して尊い先祖の墓に足を踏むことさえでけん身のありさまを不憫に思い、あなたがたを国民の一人として、国家百年の事業にたずさわらせ、改めて真人間になしたいゆえ、この先いかなる業もいとわず努めて下さい」と演説し、天皇陛下万歳を三唱させて、日本各地から貧しい娘を誘拐させた。

そして、集めた女達を手当たり次第に犯し、売春婦に売り飛ばし、「あなたがたは、兵隊を作る器械を壊しておる。国家を無視しておる。婦道の違反者である。犬にも劣った人間なり。これを回復する道は、金をためて故郷に土地を買い、模範的女性になることである」と激励した。

彼自身、こうして売り飛ばした女は数万人に上った、といい、それらの女が日本へ送金して「国家経済」に奉仕したことは莫大なものがある、とそり返った。(中略)

「人買い伊平次」には天罰も下らず、太平洋戦争前にフィリピンを引き上げ、天草の富岡町で、昭和20年8月20日、敗戦も知らず78歳の大往生を遂げた。
(山田風太郎「人間臨終図鑑」)

山田風太郎は「日本各地から貧しい娘を誘拐させた」ってさらっと書いてますが、「日本残酷物語」によると、治安の概念がない地方の貧しいゆえに攫われてもあまり騒ぎにならないような女性を物色して攫うように指示しており(お金持ちの令嬢は攫われたら騒ぎになるので攫わない)、しかも、ターゲットの女性に子供などの面倒を見ている扶養家族がいても攫っていたんですね。たぶん、攫われた後、幼い子供とかの扶養家族は急に母親がいなくなるわけで、攫われた女性がシングルマザーだったりしたら最悪死んだかも…。女性の意志とか全然関係なく海外に売りさばいて売春婦にしていく訳で本当に酷いですよ…。これが近代日本なんですよ…。女性の権利なんて本当に無かったんですよ。治安維持も地方では全く機能していなかった。何よりも人権という考え方自体が日本にはなかった…。

今も人権に対する意識、先のドキュメンタリー「Girl Model」見れば分かるように日本は物凄く弱いですよね…。日本は自国では何も変われない国なので、国連あたりからちゃんと「日本は人権を守れ」って圧力を掛けてもらわないと何も変わらないと思います…。

日本残酷物語〈1〉貧しき人々のむれ (平凡社ライブラリー)日本残酷物語〈1〉貧しき人々のむれ (平凡社ライブラリー)
著者:宮本 常一
平凡社(1995-04)
販売元:Amazon.co.jp

人間臨終図巻3<新装版> (徳間文庫)人間臨終図巻3<新装版> (徳間文庫)
著者:山田 風太郎
徳間書店(2011-12-02)
販売元:Amazon.co.jp
日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
著者:今野 晴貴
講談社(2013-04-26)
販売元:Amazon.co.jp

ヤバい会社の餌食にならないための労働法 (幻冬舎文庫)ヤバい会社の餌食にならないための労働法 (幻冬舎文庫)
著者:今野 晴貴
幻冬舎(2013-06-11)
販売元:Amazon.co.jp

ブラックバイト――学生が危ない (岩波新書)ブラックバイト――学生が危ない (岩波新書)
著者:今野 晴貴
岩波書店(2016-04-21)
販売元:Amazon.co.jp

ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪 (文春新書)ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪 (文春新書)
著者:今野 晴貴
文藝春秋(2012-11-19)
販売元:Amazon.co.jp

ブラック企業2 「虐待型管理」の真相 (文春新書)ブラック企業2 「虐待型管理」の真相 (文春新書)
著者:今野 晴貴
文藝春秋(2015-03-20)
販売元:Amazon.co.jp

アマゾンギフト券ストア



アマゾンOTAKUストア
TVゲーム総合ストア
アニメーション総合ストア
漫画コミック総合ストア
ホビー・フィギュア・トレカ総合ストア
食品&飲料総合ストア
ペット用品総合ストア
電化製品・家電製品総合ストア
パソコン及び周辺機器・消耗品総合ストア
PC18禁ゲーム総合ストア
amazon液晶テレビ総合ストア
クラシック音楽総合ストア
アマゾンギフト券ストア
amazonトップページ


魔法少女育成計画第七話視聴。「またアリス殿が死んでおられるぞ!」魔法少女育成計画とダリオ・アルジェントの夜。

魔法少女育成計画第七話視聴。魔法少女育成計画の正体は甲賀忍法帖バジリスクだった…!?魔法少女の姿してハードゴア・アリスとか名乗っている薬師寺天膳殿が出てきたんですが…。ハードゴア・アリス、銃撃でミンチよりもひでえや状態にした後に強酸で全て溶かしてガソリンで焼いて灰をコンクリ詰めにして海底に沈めてもすぐに復活するとか、不死再生能力者の中でも最強クラス過ぎませんかね…。藤井八雲とか麻生祇燐とかの超常的な不死再生能力者でも、ここまで強烈に再生復活はできなそうですし…。

魔法少女育成計画、魔法少女という超常的な特殊能力者同士が集団で殺し合いするデスゲームの物語なので、完全にバジリスクっぽいですね。全然事前情報なしで見ているので、魔法少女物だと思ったら実はバジリスクだったとは驚かされる…。超能力者同士の殺し合いを裏で糸を引いて仕組んだ南光坊天海=ファヴって感じですね。魔法少女の能力は敵魔法少女を殺すために存在しているとか、魔法少女物は果てしなく遠くに来てしまいました…。

あと、今期はドリフターズといい、魔法少女育成計画といい、バイオレンスな表現を物凄く頑張っているアニメが多くて、好感が持てますね。アニメは地上波で見ているので、過激な表現を真っ黒な黒塗りとかで隠して「ちゃんと表現されているのが見たい人はブルーレイで見てね」的な表現規制アニメを見ると物凄くがっかりする…。今期のアニメはバイオレンスな表現を隠さずにかなりダイレクトに地上波で映していて、製作側が規制派のクレームを恐れた自主規制することなく、表現の自由を頑張っているなと感じられて応援したくなりますね。「アニメは子供の物」みたいなイメージがあるのか、地上波放映アニメは全般的に過剰なまでに自主規制が強いですが、魔法少女育成計画のような大人向けの深夜放映の地上波アニメの表現規制のレベルは地上波で放送される洋画表現の規制レベルに準ずる形でいいと思います。

私は、日本のアニメで思い切り大人向けの作品を作るのが難しい原因の一つには、地上波アニメの表現の自主規制問題が大きくあると思っているので、その部分が解決されれば、黒沢清監督作品とか、ダリオ・アルジェント監督作品のような、言語化不可能な表現の領域において大人の鑑賞に深く堪え得る作品ができる可能性はかなりあると思うんですよね…。

私は幼い頃、陽気な学校生活を送っていたが、感覚の中ではいつも違和感を感じていた。自分がここにいるのは間違っているという感じだった。私の目に見える世界とみんなが感じている世界は微妙に異なっていると思っていた。私が見ている夜はもっと暗く、息をしているように思えた。自然は美しく優しいだけではなく、夜になると本性を表すように思えた。それを言葉で説明することはできるが、ビジュアルだけはどうやっても伝えることができないと思っていた。

ダリオ・アルジェント監督の映画をはじめて観た時、私は心底ほっとした。私の目に見えているのと同じ色で世界は描かれていた。いまだに、他のどの映画でも、その体験には出会っていない。彼の描く夜が、孤独が、私の世界と全く同じ生々しい色彩に溢れていて、私はなぜか彼の作品の中ではじめて真のくつろぎを覚えた。それは、殺人とか恐怖とかのことではなく、その背景に常にある徹底的な孤独の、色彩だと思う。あのような孤独な世界では、死は常に隣に、生々しく息づいている。だから、恐怖が彼にとって人生を描く唯一の手段なのだと思う。彼の映画はホラーというジャンルに厳密には属していない。かといって彼は抽象的な映画を撮っているわけではない。彼は心理学的な象徴の世界とそこにひそむ美と、厳密にいえば人生に対するある種の愛情を彼の心理そのままに忠実に表現しているのだと思う。
(吉本ばなな「ばななブレイク」)

私がアニメの魔法少女育成計画を見て「良いな」と感じるのはまさにここですね。本作において魔法少女達が人知れず凄惨で血みどろの殺し合いをするのは、いつも夜なんですね。夜に魔法少女に変身する彼女達は常に殺される不安と恐怖、そして殺戮に対する衝動を抱えている。その恐怖に充ちた焦燥と暗い衝動を夜の暗黒、先の見えない暗さと共に魔法少女達の孤独な姿として毎回見事に表現しているところが、私は本当に素晴らしいなと思いますね…。

【Amazon.co.jp限定】 魔法少女育成計画 第1巻(完全生産限定版)(全巻購入特典:「特典未定」引換シリアルコード付) [Blu-ray]
フライングドッグ(2016-12-21)
販売元:Amazon.co.jp

【Amazon.co.jp限定】 魔法少女育成計画 第2巻(完全生産限定版)(全巻購入特典:「特典未定」引換シリアルコード付) [Blu-ray]
フライングドッグ(2017-01-25)
販売元:Amazon.co.jp

【Amazon.co.jp限定】 魔法少女育成計画 第3巻(完全生産限定版)(全巻購入特典:「特典未定」引換シリアルコード付) [Blu-ray]
フライングドッグ(2017-02-22)
販売元:Amazon.co.jp

【Amazon.co.jp限定】 魔法少女育成計画 第4巻(完全生産限定版)(全巻購入特典:「特典未定」引換シリアルコード付) [Blu-ray]
スタイルマート(2017-03-22)
販売元:Amazon.co.jp


サスペリア [Blu-ray]サスペリア [Blu-ray]
出演:ジェシカ・ハーパー
キングレコード(2010-12-08)
販売元:Amazon.co.jp

回路 [DVD]回路 [DVD]
出演:加藤晴彦
KADOKAWA / 角川書店(2016-03-25)
販売元:Amazon.co.jp

ばななブレイク (幻冬舎文庫)ばななブレイク (幻冬舎文庫)
著者:吉本 ばなな
幻冬舎(2005-08)
販売元:Amazon.co.jp

アマゾンギフト券ストア



アマゾンOTAKUストア
TVゲーム総合ストア
アニメーション総合ストア
漫画コミック総合ストア
ホビー・フィギュア・トレカ総合ストア
食品&飲料総合ストア
ペット用品総合ストア
電化製品・家電製品総合ストア
パソコン及び周辺機器・消耗品総合ストア
PC18禁ゲーム総合ストア
amazon液晶テレビ総合ストア
クラシック音楽総合ストア
アマゾンギフト券ストア
amazonトップページ


深緑野分「戦場のコックたち」読了。第二次世界大戦に従軍した兵士の物語、従軍記でもあり連作ミステリでもあってとても面白かった!

戦場のコックたち

深緑野分「戦場のコックたち」読了。第二次世界大戦において欧州戦線で戦ったアメリカ軍を舞台に、戦場で戦闘に従事しながら糧食の調理も行う特技兵である主人公の一人称の目線から、ノルマンディ上陸作戦から最終的なドイツ本国の陥落までを描いた従軍記で、なおかつ連作ミステリであり、大きな仕掛けがしてあるミステリでもある良い意味で凝った本で非常に面白かった!この本はベストセラーということで読んでみたのですが、こういった良質な力作小説がベストセラーになるということは、日本の読書家の底力を感じさせてくれて、とても嬉しいことですね。

欧州戦線のアメリカ軍において主人公の所属となるのは、合衆国陸軍第101空挺師団506パラシュート歩兵連隊第三大隊G中隊員。第101空挺師団といえば、第二次世界大戦の欧州戦線で大活躍した部隊で、アメリカの公民権運動において重要なリトルロック高校事件で有名な師団でもあり(学校に入ったということで命の危険にさらされた黒人学生達を卒業まで護衛した)、映画「プライベート・ライアン」でライアンが所属していた師団でもありますね。アメリカ軍の最強特殊部隊の一つであるナイトストーカーズもこの師団から生まれた部隊ですね。

ウィキペディア「リトルロック高校事件」
リトルロック高校事件(Little Rock Nine)とは、1957年にアメリカ合衆国のアーカンソー州リトルロックで起こった人種差別騒動。アメリカ公民権運動における重大事件のひとつである。

1954年のブラウン判決によって、それまで行なわれていた公立学校における白人と黒人の分離教育が違憲となり、各地で白人と黒人が同じ学校に通う融合教育化が進められるようになった。

アーカンソー州は人種偏見の強い南部の中では差別撤廃に最も積極的な州ではあったが、1957年にリトルロック・セントラル高校の融合教育化が決定すると、当時のアーカンソー州知事オーヴァル・フォーバスは州兵を学校に送って黒人学生の登校を阻止した。異人種融合に反対する地元の白人も大群衆となって学校を取り巻き、黒人学生の登校に反対した。

リトルロックの市長がフォーバス知事に法律順守を進言したが拒否されたため、市長はアイゼンハワー大統領に軍の派遣を要請した。アイゼンハワー大統領は事件について報告されていたにもかかわらず無視を決め込んでいたが、騒動がテレビで大々的に報じられ、国際的な注目を浴びるに至り、市長の要請に応じて合衆国軍の第101空挺師団をリトルロックへ送り込んだ。入学予定の9人の黒人学生(Little Rock Nineと呼ばれた)は軍の護衛付きで登校した。

その後も軍の警護がついたが、校内では白人生徒による黒人生徒への激しいいじめや命にかかわるような暴力的な嫌がらせが続き、耐えかねて一人が中退したが、1958年に一人が無事卒業した。フォーバス知事は、騒動後も融合教育に反対し続け、融合を命じられた高校3校を突然閉校するという暴挙にまで及んだ。

本書は従軍記としてきちんとした構成になっており、ノルマンディ上陸作戦、マーケット・ガーデン作戦、バトル・オブ・ザ・バルジ、最終的なドイツ本国への侵攻、コックの特技兵である主人公が第二次世界大戦の主要な戦いに従軍して、戦場で死地を潜り抜けながら、戦場で起きる不可思議な出来事の謎を、主人公と同じくコックの特技兵である探偵役のエドと共に解いて行くという従軍記と連作ミステリが融合したような構成になっています。ワトスン役の主人公とホームズ役のエドだけではなく、他の登場人物達も良い味を出しているのが、物語に深みを与えていますね。主人公の良き友である通信兵のワインバーガーとか、第二次世界大戦に従軍した作家のカート・ヴォネガットとか髣髴とさせますね…。そして、激戦をくぐり抜けていく師団が舞台ですから、物凄い勢いで登場人物達の多くが死んでゆく…。そして最終的に、古参の熟練兵としての戦場での絆が、素晴らしいラストに繋がっている。

僕らの任務は、隊員にレーションを配り、食材と時間と場所と余裕がある時は調理をし、食中毒にならないよう衛生指導しつつ、仲間達の胃袋を管理すること。コックと言っても僕は中隊管理部付きだから、戦闘となれば銃を取り、普通の兵と一緒に前線で戦う。

気の合う仲間もできた。プエルトリコ系で、背こそ低いが厳つい体つきの陽気なディエゴ・オルテガとそしてあのエドワード・グリーンバーグ。特に僕はエドと親しくなれた。エドは頭の回転が速く、いつだって公平で頼りになり、僕をキッドとは呼ばずティムと呼んでくれる。

そして入隊から合計二年に及ぶ訓練を経て、1944年の初夏、Dデイ、ついに僕らの初陣が決まった。

合衆国陸軍、第101空挺師団第506パラシュート歩兵連隊、第三大隊G中隊の管理部付きコック、ティモシー・コール五等特技兵。これが僕だった。
(深緑野分「戦場のコックたち」)

この小説は予断なしにぜひ読んで欲しいですね。この小説はネタばれが致命的なタイプの小説なので、全く予断なしに白紙の状態から一から読むのが最も楽しめます。非常に緻密に伏線が最初期から張られているのが見事で、一度読み終わった後、また読んでしまいました。従軍記としてもミステリとしても傑作です。心からお勧めできる小説ですね。

あと、最後に一つ言えることは、カート・ヴォネガットの小説や映画「プライベート・ライアン」と同じく、非常に反英雄的な物語であるところが、私は凄い良かった、本書で一番良かったところだと思いますね。これはプライベート・ライアン以降の小説であるんだなと感じました。終盤の主人公の行動を許せないと感じる人がいるなら、許せないという感じるその感じ方こそが統治を内面化したファシズムではないかということを、問いかけてみて欲しいですね…。

第二次世界大戦は、映画において英雄が存在しえた最後の戦争だった。

朝鮮戦争にアルトマンの名作「MASH」があるように、ベトナム戦争に「プラトーン」「フルメタル・ジャケット」があるように、カンボジア紛争に「キリング・フィールド」があるように、第二次世界大戦の映画に、戦争を「英雄的に捉えていない」ものがあるかと聞かれれば、残念ながら、ない。

極端な例で言えば「空軍大戦略」なる愚作の極みのような戦争映画がある。そういう戦略・英雄映画がゴロゴロしているのが第二次世界大戦ものなのだ(戦争の虚無を描きだしたという点では、辛うじてギラーミンの「レマゲン鉄橋」があるものの)。

そう、「プライベート・ライアン」が公開された、今日、この日までは。

今「観るべき」映画を一つあげろ、と言われたら、私は迷う事無く「プライベート・ライアン」を指し示す。

私は夏、祖母に戦争の話を聞いた。テレビ放映でも終戦記念の特集を興味深く観ていた。しかし、そのどれもが「物語」だった。「戦争を知らない世代」と言われる我らは、反戦意識を「物語」としてしか受け継ぐ事ができなかった。しかし、語られ、かりそめの悲劇的な高揚感に満ちた「筋立て」は、当然のことながら、現場を「体験していない」私にとっては、「実感」のレベルで、単なる他人事にしか感じられなかった。

「ひめゆりの塔」「きけ、わだつみの声」「君を忘れない」など、日本の「反戦的な」戦争(戦中)映画の根本的な弱さは、そこにあった。戦争に対する憎しみの全てを「物語」で語ってしまおうという怠慢。キャラクターを襲う悲劇的な運命に語りの全てを集約させるという、安直極まる手法。そこが日本映画人の糾弾すべき怠慢さだった。

しかし、この映画に、物語はないも同然だった。

ただ、屍体のみがあった。

この「プライベート・ライアン」は、ことさら反戦を標榜したりしない。

そんなものを語る要がないからだ。

映画は開巻、いきなりノルマンディー上陸から始まる。悪名高いオマハ・ビーチだ。

揚陸艇のハッチが開き、歩兵が飛び出そうとするや否や、ドイツ軍の機銃が容赦無く襲う。頭蓋は砕け、脳漿は霧散し、海中に飛び込んだものは溺れ、ただの肉塊と化す。上陸すれば砲弾が襲い、腕はもげ、脚はちぎれ、内臓は腹からこぼれ出る。さっきまであったはずの下半身は砂浜のどこかに消え、空虚な穴と化す。

語るのではなく、描写すること。

説教するのではなく、付き付けること。

ここには、英雄的な死などありはしない。
(「伊藤計劃映画時評集」「伊藤計劃記録」)

戦場のコックたち戦場のコックたち
著者:深緑 野分
東京創元社(2015-08-29)
販売元:Amazon.co.jp

Running Pictures―伊藤計劃映画時評集〈1〉 (ハヤカワ文庫JA)Running Pictures―伊藤計劃映画時評集〈1〉 (ハヤカワ文庫JA)
著者:伊藤 計劃
早川書房(2013-01-25)
販売元:Amazon.co.jp

Cinematrix: 伊藤計劃映画時評集2 (ハヤカワ文庫JA)Cinematrix: 伊藤計劃映画時評集2 (ハヤカワ文庫JA)
著者:伊藤 計劃
早川書房(2013-03-22)
販売元:Amazon.co.jp

伊藤計劃記録伊藤計劃記録
著者:伊藤計劃
早川書房(2010-03-19)
販売元:Amazon.co.jp

スローターハウス5 (ハヤカワ文庫SF ウ 4-3) (ハヤカワ文庫 SF 302)スローターハウス5 (ハヤカワ文庫SF ウ 4-3) (ハヤカワ文庫 SF 302)
著者:カート・ヴォネガット・ジュニア
早川書房(1978-12-31)
販売元:Amazon.co.jp

プライベート・ライアン [Blu-ray]プライベート・ライアン [Blu-ray]
出演:トム・ハンクス
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン(2013-08-23)
販売元:Amazon.co.jp

アマゾンギフト券ストア



アマゾンOTAKUストア
TVゲーム総合ストア
アニメーション総合ストア
漫画コミック総合ストア
ホビー・フィギュア・トレカ総合ストア
食品&飲料総合ストア
ペット用品総合ストア
電化製品・家電製品総合ストア
パソコン及び周辺機器・消耗品総合ストア
PC18禁ゲーム総合ストア
amazon液晶テレビ総合ストア
クラシック音楽総合ストア
アマゾンギフト券ストア
amazonトップページ


「バーナード嬢曰く。」第四話、なぜネットで要約を読むより原典の本を読むべきなのか、長谷敏司さん「若者は本を読まないとこの先生き残れない」

アニメ「バーナード嬢曰く。」第四話が、ジャレド・ダイアモンドの著書「銃・病原菌・鉄」がテーマで、ネットで要約と感想を読んで読んだ振りをしたり読んだ気になったりするというギャグで、中々面白かったですが、ギャグ漫画原作のギャグアニメですから、ネットで要約と感想を読めば十分じゃないか、なぜオリジナル原典たる本を読まなくてはならないのか、という問題についてはやらないんですね。この問題(なぜネットの要約を読むよりオリジナルの書籍を読む方が良いのか)に関しては、円環少女シリーズの著者長谷敏司さんの回答がとても良いので引用してご紹介致しますね。若者に向けて、なぜ本を読むべきなのかを神坂一、新城カズマ、三雲岳斗などの若者向けラノベなどで活躍する多くの作家が回答している「未来力養成教室」という本に収録された回答で、「日本の若者は本を読まないとこの先生き残れない」と語る長谷敏司さんのこの回答が最も説得力があると感じましたね。

長谷敏司「皆さんに受け渡す未来のバトンについて」

(日本の)現代が、(社会構造が安定していた過去の時代とは違い)想像力を問われる時代になっていると心配しています。2011年以降の震災以降、さまざまな見通しがなくなり、今後も(日本に)大規模な自然災害が控えているからでもあります。1989年まで続いた冷戦という危機の時代から20年以上がたち、再び安全を意識しなくてはならない時期が訪れているということでもあります。厳しい環境の中で、昔ほど豊かではないこの国であなたがたが大人になり、どう人生をまっとうするかを心配しているのです。(中略)

これからの未来は本当に厳しくなる可能性があり、現代の私達はそういう時代になることを止められなかった世代です。当然、現行世代も必死で生き残りを図っています。けれど、そこまでやって薄暗さを払拭できなかった世代から方法を学んでも、それだけでは生き残れないかもしれません。(中略)(近現代の社会変化の激動によって)すでに私達のまわりに想像の余地を挟まないほど強固なものはほとんどなく、今も少なくなりつつあります。

これからを生きる皆さんは、激動の中、かつては強固な立脚点だった肉体すら自分のよりどころにできないかもしれないのです。進歩や変化によって、最低限信じられるはずだったものが、想像の余地を差し挟むものに変わりました。この流れは最近に始まったことではありません。私達は近代市民社会を実現させ、大量生産の手段や科学技術や社会科学を発展させる中、旧来の価値観や倫理を揺るがす様々な出来事を経験しました。(中略)

私達は、心や理解力の隙間に、想像で境界線を引いて、情報を誤読してしまいます。この性質は、予断と呼ばれる判断ミスの発生源です。予断はたくさんの人間に未来を空費させてきた、人類の業病のようなもので、これから完全に逃げるすべはありません。(中略)

私達は(あまりに速く現代社会が変化し激動するため)見通しを失い、安全を脅かされ、貧しくなりつつあり、基準を失いつつあります。今世紀、世界がどれだけ大きな変化を迎えるか、おそらく正確に見えている人間は誰もいません。大人は自分達の限界とせめぎ合いながら、その中で苦闘しているのであって、未来が分からなくても流されるままでは悪化するから劇薬を処方しているのです。

こんな見通しは不明瞭で業病の克服もできず、複雑な利害関係で縛られたものが、皆さんに受け継いでもらおうとしている未来です。嫌な事ばかり言う大人もいたものだと、この本の他の筆者さんと比べて、怒っておられるかもしれませんね。けれど、先にも言ったように、こんなにも大人達は(個々人が)本質的に違っています。にもかかわらず、この本に参加した人々が同じ「(若者の)未来に期待する」という選択に至るほど、未来が刻々と失われるという条件は切羽詰っているのです。(中略)

1980年代、私が小学生だった頃には、未来という言葉には明るい空気がつきまとっていました。当時は、夢や進歩といった言葉とワンセットであることが多かったのです。けれど、(日本経済のバブル崩壊が起き)1990年代中盤に入ると、様々なものが冷え込んでいきました。政治も、経済も、社会も、国際関係も、どの国が豊かでどの国が貧しいかも、軍隊と戦争のありようも、激しく揺れました。21世紀の今は、あまりにも暗い予断がまとわりついていて、想像力と未来について整理する必要にかられる状態になっています。想像力という劇薬を取り扱うにあたって、コンディション変化にともなう計画見直しを迫られているのです。

想像力という友人と向きあうとき、必要なのは、信じることではなく上手く付き合うことです。その手段を身につけるには、積極的に学ぶことです。学ぶことで、予断や幽霊のような想像力の副作用から、どれを受け取るか選り分ける能力を養うことができます。想像力を発揮せねば仕方ないとき、自分のなかにあるものが正しい判断か予断かを切り分けることが、力に振り回されることを防いでくれます。

そして、そのためには本を読んでください。

ネット情報でよいではないかと思うかもしれませんが、本には少なくとも二つ、ネット情報では超えにくい長所があります。

一つ目は、検索を利用してネット情報は日々更新されてゆきますが、この性質は良い面ばかりではないということです。手軽さゆえに内容が書き換わったり、情報共有の精度が下がったりするためです。この点、書籍は簡単には更新がききません。たとえば大勢の人間がミームについて検索で探したとき、検索リスト自体が日々変化しているため、ネット上の情報ではどれが読まれたのか保障されません。けれど、ミームについて『利己的な遺伝子』という本を探したとき、何万人が探しても読まれた内容はリチャード・ドーキンスの著書でしかあり得ません。情報共有の精度が高いことは、良質のブックガイドを見つけられることにも繋がっています。比べて、Wikipediaのような大勢で編集するウェブ辞典は、情報の質が良いか以前に、ネット上で高精度で共有できる情報源がこれしかないから引用されている場合が多いのです。

二つ目に、本ではデータが大きな塊になっています。手軽な小切りの情報のほうが便利に感じられるかもしれませんが、必要な情報が抜け落ちていると、私達はそこを勝手な想像で埋めてしまいがちです。知りたい事柄に予断を入れないためには、さわりだけを知るよりまとまった量の知識を仕入れてしまった方が良いのです。(中略)

長々と書いてきましたが、簡単に言うと、どの程度良好なコンディションの未来を受け渡せるかわからない状態だから、みんなで新しい手立てを見つけよう。そして、想像力は、人間に牙を向きやすいものだから、本を読んで勉強することで飼い慣らそうということです。想像力は、あまりにも人間の生活や文化と密接に繋がりすぎて、まるで人間の本質か何かであるように振る舞っています。けれどこれは未来との厳しい関係を思えば、明らかに劇薬としてしっかり考えて付き合うべきものです。
(「未来力養成教室」より)

長谷敏司さんの回答の面白いのは、世界全体が不安定になって未来の予測不可能性が増してゆきインターネットなどでの情報化が進むポストモダン社会だからこそ、未来に対応する想像力を鍛えるためには、ネット情報だけに頼るのではなく、書籍を読むべきというところが、とても面白い。他の作家さん達が大体において楽観的で希望的な立ち位置から本を読むことを勧めているのに比べ、長谷敏司さんだけは非常に悲観的な見方から、今後の激動の時代を生き抜く為のサバイバルツールとしての読書を勧めているというのが、流石は円環少女の作者さんと思いましたね。ちなみに長谷さんと同じようなことを述べている知識人(激動の時代だからこそ、ネットではなく書籍がサバイバルツールとして重要と述べる知識人)では浅羽通明さんも長谷さんと同じようなことを述べていますね。ラノベを軽く見ているような人々にも本書は読んで欲しいな。ラノベ作家さん達が如何に社会の未来と日本の若者の明日について真剣に真面目に考えているかがとてもよく分かる良書です。

あと、最後に個人的な意見として述べさせてもらうと、やっぱり書籍、特に紙の本という形態は電子情報の形態に比べて読みやすいと感じますね。長編小説とか、青空文庫で無料で読める書籍でも、がっしりと精読したいなと思うものはやはり紙の本で読みますからね。ある箇所を読み返したいと思ったらどのページにも一瞬でアナログなフィーリングでアクセスできる(指で開くだけでアクセスできる)というのが、紙の本の素晴らしさで、この利点がある限り、紙の本が完全に廃れてしまうということはないと私は感じますね。

未来力養成教室 (岩波ジュニア新書)未来力養成教室 (岩波ジュニア新書)
岩波書店(2013-07-20)
販売元:Amazon.co.jp

バーナード嬢曰く。 (REXコミックス)バーナード嬢曰く。 (REXコミックス)
著者:施川 ユウキ
一迅社(2013-04-19)
販売元:Amazon.co.jp

バーナード嬢曰く。 2 (IDコミックス REXコミックス)バーナード嬢曰く。 2 (IDコミックス REXコミックス)
著者:施川ユウキ
一迅社(2015-07-27)
販売元:Amazon.co.jp

バーナード嬢曰く。 3 (IDコミックス REXコミックス)バーナード嬢曰く。 3 (IDコミックス REXコミックス)
著者:施川ユウキ
一迅社(2016-10-27)
販売元:Amazon.co.jp

【合本版】円環少女 全13巻<円環少女> (角川スニーカー文庫)【合本版】円環少女 全13巻<円環少女> (角川スニーカー文庫)
著者:長谷 敏司
KADOKAWA / 角川書店(2015-01-01)
販売元:Amazon.co.jp

My Humanity (ハヤカワ文庫JA)My Humanity (ハヤカワ文庫JA)
著者:長谷 敏司
早川書房(2014-02-21)
販売元:Amazon.co.jp

あなたのための物語 (ハヤカワ文庫JA)あなたのための物語 (ハヤカワ文庫JA)
著者:長谷 敏司
早川書房(2011-06-10)
販売元:Amazon.co.jp

文庫 銃・病原菌・鉄 (上) 1万3000年にわたる人類史の謎 (草思社文庫)文庫 銃・病原菌・鉄 (上) 1万3000年にわたる人類史の謎 (草思社文庫)
著者:ジャレド・ダイアモンド
草思社(2012-02-02)
販売元:Amazon.co.jp

文庫 銃・病原菌・鉄 (下) 1万3000年にわたる人類史の謎 (草思社文庫)文庫 銃・病原菌・鉄 (下) 1万3000年にわたる人類史の謎 (草思社文庫)
著者:ジャレド・ダイアモンド
草思社(2012-02-02)
販売元:Amazon.co.jp

アマゾンギフト券ストア



アマゾンOTAKUストア
TVゲーム総合ストア
アニメーション総合ストア
漫画コミック総合ストア
ホビー・フィギュア・トレカ総合ストア
食品&飲料総合ストア
ペット用品総合ストア
電化製品・家電製品総合ストア
パソコン及び周辺機器・消耗品総合ストア
PC18禁ゲーム総合ストア
amazon液晶テレビ総合ストア
クラシック音楽総合ストア
アマゾンギフト券ストア
amazonトップページ


小林泰三「ウルトラマンF」読了。これは和製GTS(巨大娘)作品の最高傑作の一つだと思いますね!最高に面白かった!!

ウルトラマンF (TSUBURAYA×HAYAKAWA UNIVERSE)

小林泰三さんの描く小説ウルトラマンシリーズ最新作「ウルトラマンF」読了。昭和ウルトラマンのウルトラマン最終回ごとウルトラマンセブンが始まる前の時期を舞台にしたウルトラマンスピンオフでして、ウルトラマン小説としても素晴らしく面白かったのですが…

この作品の凄いところは、完全にGTS(Giantess,巨大娘)物であるところですね!!巨大娘を完全に物語の根幹に据えた和製小説は「ヴァルキュリアの機甲」シリーズ以来じゃないですかね!!実はこのジャンルはかなり好きなので(漫画「七つの大罪」のディアンヌとか好きです)、その点においてもとても楽しめた小説ですね。

タイトルを見れば勘の良いお方々は予想が付く通り、本作で新しいウルトラマン「ウルトラマンF」になるのは巨大フジ隊員こと科学特捜隊の富士明子隊員なのですが、基本的には巨大化して、肉体が巨大化に合わせて強靭になるだけで、なかなかウルトラマンにはならないんですね。彼女は物語の後半までウルトラマンではなく、普通の巨大娘になるだけなんですが、その肉体の巨大化のメカニズムが非常に精緻にSF考証されて説明されています。

つまりどういうことかといいますと、ウルトラマンの第33話で巨大化した時のような、「服も一緒に巨大化する」というご都合主義的現象は起きないということです!!

これは実に巨大娘ジャンルのツボを突く展開であり、読んでいて山本弘さんの怪獣小説「MM9」シリーズとかアニメの「UGアルティメットガール」を思わず思い出してしまいましたよ…。

まあ流石に何もなしで戦うのは色々と問題があるので、二回目の戦い以降は井出隊員が変身後の巨大フジ隊員用の巨大戦闘アーマーを作ってその中で巨大化して巨大アーマーを身にまとって戦うのですが、この辺の展開が「巨大娘」&「アーマー娘」という、マイナーだけど個人的には最高にツボを突く展開になるんですね!!

あと、本作の特徴として、富士隊員はウルトラマンになかなかならず、物語の大半は、「メフィラス星人の人間を巨大化するナノテクノロジー技術(巨大フジ隊員)」+「様々な宇宙人が残した無数の超技術と科学特捜隊・国連・世界各国の科学技術を融合させて作り出した人類の科学技術」で怪獣と戦う展開となるんですね。それゆえに、人類が知恵を絞ってウルトラマンに頼らずに怪獣を苦労して撃破していくところがとても面白い。本作の語り手であり男性主人公でもある井出隊員が怪獣対策の技術開発のメインであるというところから、プロジェクトX的な技術小説的な読みもできるところが本書の独特の醍醐味であり面白いところですね。

ウルトラマン好きにとっては、昭和ウルトラマンと平成ウルトラマンを上手く繋げているところも読みどころの一つで面白かったですね。某中二病な平成ウルトラマンのとあるラスボスが出てきたときは読んでいて思わず吹きました。ウルトラマンを知らなくても楽しめますが、知っていればいるほどより楽しめる、ウルトラマンスピンオフの傑作、そして何より巨大娘者の傑作です!!ぜひご一読をお勧めするウルトラマン小説ですね。

最後に、本書収録の小林泰三さんのエッセイ「巨大フジ隊員のこと」を一部引用してご紹介致しますね。

そして、巨大フジ隊員である。ハヤタ隊員はウルトラマンに変身できるが、それは彼自身の能力ではない。いわばハヤタ隊員と彼に憑依しているウルトラマンが互いの肉体を交換するようなものだ。つまり、ウルトラマンはふだん、それがどんな状態なのかはわからないが、物理的に外部から観測できない、実体を持たない状態になっている。反対にハヤタ隊員はふだん物理的に観測可能である、実体を持った状態を保っている。しかし、危機が訪れたとき、彼らは互いの存在を入れ替え、ウルトラマンが実体となり、ハヤタは実体のない存在となる。二人は命を共有しているために、同時に存在できないだけで、本質的には別々の存在だと考えることができる。

ところが、巨大フジ隊員はそのようなからくりすらも超越しているのだ。彼女は人間のまま巨大化する。怪獣化するのでもなく、ウルトラマンのような異質な超存在になるのでもない。しかも、単純に人体が巨大化したものではない。少なくとも、人間を構成する素材ではあれだけの巨体を維持することはできないはずだし、劇中で彼女は鉄筋コンクリートのビルを破壊しているし、弾丸を受けても傷つくこともない。つまり、人間の姿を保ったまま、怪獣やウルトラマンに匹敵する存在に変異しているのだ。

そもそも「単純に人体が巨大化する」という言葉自体がおかしいのかもしれない。人間の身体は細胞からできているのだから、巨大化するときには、細胞の数が増えるか、もしくは細胞自体が巨大化するかだろう。しかし、細胞が増えるとしたら、全身の細胞の配置が再構成されることになる。もし細胞自体が巨大化するとなると、様々な分子からなるその内部構造自体が全く新たなものとなるだろう。細胞の構造を全く同じものにするためには、原子自体を巨大化させなくてはならず、それこそ量子力学を制御する超テクノロジーの範疇となる。

いや。巨大フジ隊員の魅力はそれを実現させるテクノロジーだけにある訳ではない。その最大の魅力は美しさなのだ。もちろん怪獣やウルトラマンにも独特な美しさはある。しかし、それは芸術的なそれであり、理念による美しさなのだ。しかし、人間の女性が持つ美しさはそれとは一線を画す。原初的な説明不要の美しさだ。多くの子供達は巨大フジ隊員の美しさの虜になったことだろう。

一口に『ウルトラマン』のファンと言っても、魅かれるところは人それぞれである。

ただ、概ね「怪獣派」「ウルトラマン派」「巨大フジ隊員派」の三つに分類できるのは明白だろう。わたしは三つの派閥すべての要素を持っていたが、あえて言うなら「巨大フジ隊員派」だ。当時、毎日四、五時間は巨大フジ隊員のことを考えており、ウルトラマンと怪獣のことはそれぞれ二、三時間ぐらいしか考えていなかった。

だから、今回のテーマを巨大フジ隊員にすることはすぐに決まった。
(小林泰三「巨大フジ隊員のこと」)

巨大フジ隊員派の巨匠たる会田誠さんが読んだら感涙しながら再び巨大フジ隊員作品を一気呵成に書き上げてしまいそうな巨大娘への愛溢れるエッセイでした!!感動した!!

ウルトラマンF (TSUBURAYA×HAYAKAWA UNIVERSE)ウルトラマンF (TSUBURAYA×HAYAKAWA UNIVERSE)
著者:小林泰三
早川書房(2016-07-07)
販売元:Amazon.co.jp

多々良島ふたたび: ウルトラ怪獣アンソロジー (TSUBURAYA×HAYAKAWA UNIVERSE)
ウルトラマンネクサス (少年サンデーコミックス)
ヴァルキュリアの機甲―首輪の戦乙女 (電撃文庫)
ヴァルキュリアの機甲〈2〉恋愛操作 (電撃文庫)
ヴァルキュリアの機甲〈3〉黄昏の花嫁 (電撃文庫)
ヴァルキュリアの機甲〈4〉乙女達の楽園 (電撃文庫)
MM9 (創元SF文庫)
MM9―invasion― (創元SF文庫)
MM9―destruction― (創元SF文庫)
MONUMENT FOR NOTHING

アマゾンギフト券ストア



アマゾンOTAKUストア
TVゲーム総合ストア
アニメーション総合ストア
漫画コミック総合ストア
ホビー・フィギュア・トレカ総合ストア
食品&飲料総合ストア
ペット用品総合ストア
電化製品・家電製品総合ストア
パソコン及び周辺機器・消耗品総合ストア
PC18禁ゲーム総合ストア
amazon液晶テレビ総合ストア
クラシック音楽総合ストア
アマゾンギフト券ストア
amazonトップページ


イーストウッドがトランプ支持を明確にしましたね。彼の映画見てるとこれは凄く分かるなあ…。

【米大統領選】イーストウッド氏、トランプ氏の本音発言を評価「誰もが建前に疲れている」
http://www.sankei.com/world/news/160805/wor1608050006-n1.html
米国の俳優で映画監督でもあるクリント・イーストウッドさんは4日までに、大統領選の共和党候補トランプ氏について「誰もが建前に疲れていることに気付いている」と述べ、現状を打破できる人物だと評価した。民主党候補のクリントン前国務長官より本音を語る共和党のトランプ氏が好ましいとの考えを示した。

 イーストウッドさんは、3日発売の「エスクワイア」誌のインタビューで「(誰かを怒らせたり、間違ったことをしたりしないように)みんなとても注意深くなっている。今はそんなご機嫌取りの時代だ」と米社会の現状を問題視した。一方で「トランプ氏は多くのばかげた発言もしている」とも述べた。

 イーストウッドさんは、トランプ、クリントン両氏のどちらにも支持は表明していないとした上で「クリントン氏はオバマ政権の継承を宣言した。どちらかなら、私はトランプ氏を選ぶ」と語った。(共同)

「(誰かを怒らせたり、間違ったことをしたりしないように)みんなとても注意深くなっている。今はそんなご機嫌取りの時代だ」

イーストウッド監督の映画大好きで(ジョジョの荒木飛呂彦さんが言うように彼の監督映画には外れがない!)、レンタルビデオ屋さんに行った時は決まって借りてよく見てるんですが(彼の監督作品は大量にあるのでまだ全部は見れていないです)、上記の言葉、イーストウッド監督の映画を見てると、凄く分かるなあという感じですね…。彼の映画の主人公って、建前を中心とした社会的圧力によって閉塞した社会の中でズタボロにされている孤立した孤独なアウトサイダーが主人公のことが多くて、そういった主人公に共感を抱かせる物語展開ですからね…。社会的な同調圧力の中で孤独に抗う主人公に見ていて凄く共感してしまうんですよね…。建前を中心とした社会的圧力を内面化しないと生きていけない閉塞した抑圧的社会ということでは、日本の方がアメリカよりも酷い状況だと思いますね…。

映画界において、昔も今も確固たるブランドを築いているのが、クリント・イーストウッドです。僕ももちろん大好きですが、イーストウッド監督の映画は、他の映画と比べてかなり異色の存在といえるでしょう。(中略)

キャラクターからテーマまで、全てがしっかり作られていて、もう絶対に外さない。飲食店で例えるなら、店の外見は少しみすぼらしくて入っていいのかどうか迷うけど、いざ食べてみると確実においしいものを出してくれる老舗といったところでしょうか。(中略)

僕なりの定義では、正義を貫いて悪を倒す者でも、社会から理解されていたらそれはヒーローではありません。世間は誰も目を向けないし、仲間に慕われることも、お金が儲かったりすることもない。常に孤独。それでも社会のために行動するのがヒーローなのです。

誰からも認められてないのになぜやるかといえば、それが人間の根底にある価値観に基づいているからです。だから法律を破ることも厭わない。この社会から「はみだした」感じが、イーストウッド映画の主人公には必ずといっていいほどついて回ります。

たとえば「ファイヤーフォックス」は、アメリカ軍から引退しかけて隠遁しているパイロット。「硫黄島からの手紙」では周りからは親米家と見なされている日本軍の軍人。「グラン・トリノ」は家族と仲良くできない老人……。

また、ヒーローは憧れの存在ではあるけれど、襲ってくる敵を何の苦もなく倒してしまうような、ぶっ飛びすぎてるキャラクターだと感情移入できません。どこかで本当にいるかもしれないなと思わせる、微妙な日常性が必要です。

ハリーを筆頭にイーストウッドが演じる主人公は、一般人が真似できないような超越した行動を取ります。しかしその一方で。大きな組織に裏切られた歴史を背負いながら一匹狼でくすぶっている。いかにも現実にいそうな雰囲気のある。イーストウッドは日常と非日常の境界線上にいる、微妙なキャラクターをうまく演じるのです。(中略)

これまで一連の作品を見てきて、イーストウッドはサスペンスに軸足を置きつつ、常に新しいことをやりたがる人だと僕は認識しています。「スペース・カウボーイ」でいきなりSFに挑戦したり、「硫黄島からの手紙」で日本人を主役に据えたり、新機軸を打ち出すことを恐れないのです。

しかしどんな映画であれ、主人公が社会からはみでているキャラクターであるという点では、ブレずに一貫しているのではないでしょうか。FBI長官をディカプリオが好演した「J・エドガー」もそう。最高に地味な映画でサスペンス要素は弱いのですが、「ここまで自分を抑えて人生を送っている人間がいるのか」と思えるから、興味が途切れない。この核が失われない限り、僕はイーストウッドの作品を見続けていくことでしょう。
(荒木飛呂彦「荒木飛呂彦の超偏愛!映画の掟」)

トランプ大統領候補とその支持者には、「グラン・トリノ」見て欲しいですね…。大好きな映画です。「ミリオンダラー・ベイビー」もお勧めですね…。

グラン・トリノ(初回生産限定スペシャル・パッケージ) [Blu-ray]グラン・トリノ(初回生産限定スペシャル・パッケージ) [Blu-ray]
出演:クリント・イーストウッド
ワーナーホームビデオ(2014-09-03)
販売元:Amazon.co.jp

ミリオンダラー・ベイビー [DVD]ミリオンダラー・ベイビー [DVD]
出演:クリント・イーストウッド
Used Item(2005-10-28)
販売元:Amazon.co.jp

荒木飛呂彦の超偏愛! 映画の掟 (集英社新書)荒木飛呂彦の超偏愛! 映画の掟 (集英社新書)
著者:荒木 飛呂彦
集英社(2013-05-17)
販売元:Amazon.co.jp

アマゾンギフト券ストア



アマゾンOTAKUストア
TVゲーム総合ストア
アニメーション総合ストア
漫画コミック総合ストア
ホビー・フィギュア・トレカ総合ストア
食品&飲料総合ストア
ペット用品総合ストア
電化製品・家電製品総合ストア
パソコン及び周辺機器・消耗品総合ストア
PC18禁ゲーム総合ストア
amazon液晶テレビ総合ストア
クラシック音楽総合ストア
アマゾンギフト券ストア
amazonトップページ


最新記事
livedoor プロフィール
記事検索
  • ライブドアブログ