チャイコフスキー:1812年

最近、どうしても暗い文章しか書けずごめんなさい。うつ病と生活苦と腹痛で、どうしても悲観的な方向にしか思考が行かなくて。皆さんに楽しんでいただける文章を書くように努力しようと思っていたのに、なかなか上手く行かず、申し訳ないです。

今回は、クラシックの中でも最高にアバンギャルドで笑える明るく楽しい曲をご紹介致します。チャイコフスキーの「序曲1812年」です。これはもうクラシックの中では最大級にはっちゃけまくった迷曲にして名曲であり、本国ロシアやそのほかフランスと仲の悪い国(ドイツとか)では大人気の曲ですが、フランスでは…あまり人気が無い模様です。そういうこと(背景)は知らなくても楽しめるとっても面白い曲です。曲の背景もご紹介致します。背景を知っていると更に笑えます。

祝典序曲「1812年」作品49
ナポレオンは60万の大軍を持ってモスクワに攻め入ったが、ロシア側の焦土作戦によって、食料不足となり、追い討ちのように冬将軍に襲われた。そこへボロボロ状態のナポレオン軍にロシア軍が攻め込み、ナポレオンの軍は撤退する。その時には軍の数は3万になっていたという。

この祝典序曲は、ロシアに攻め入ったナポレオンの軍が敗走するまでの様子を描いた作品で、記念すべき1812年を祝うために作曲された。ナポレオン侵攻前の民衆の苦悩を描くロシア正教の賛美歌に始って、ナポレオン侵攻の場面では、フランス国歌が、両国の戦闘場面では、ロシアの国歌が分け入って来る。そしてナポレオン敗走の場面ではフランス国歌が徐々に変調を来たし、最後は勝利の鐘が鳴り響き、祝砲がドカン、ドカン打ちっ放される(演奏でも実際に軍に協力してもらって祝砲を使う)、よく聴けば実に笑えるのが大序曲1812年と呼ばれることもあるこの曲である。
(シモノフ指揮盤「序曲1812年」ライナーノーツより)

この曲はまさに「百見は一聴に如かず」という感じで、聴けばとにかく笑えます。クラシックはお堅いものという既成イメージを取っ払ってくれるチャイコフスキーの傑作コメディクラシックです。最初は暗いのですが(フランスが攻めてきて、ロシア国民が暗くなっています)だんだんロシアがフランスに勝ってゆくたびに曲がどんどん明るくなって(ロシア国民が明るくなって)、フランスを思い切りコケにしている(フランス国歌が変調してくるところとか実に笑えます)上に、最後の盛り上がり(戦勝記念で大祝祭)が良い意味でもうハチャメチャ過ぎてやり過ぎまくりで笑えます。うつ病になる前はこれ聴いてよく笑ってました。お勧めの面白いクラシックです。

この曲はロシアで大人気というだけでなく、フランスの侵攻(ナポレオンの侵攻)を受けた各国でも大人気で何バージョンも演奏されており(フランスでは全然演奏されないようですが…)、カラヤン指揮やシモノフ指揮の演奏も良いのですが、僕のお勧めはストコフスキー指揮盤です。最初聴いたとき笑い転げました。元々の作曲が非常に「ハチャメチャでやり過ぎ」なのを、ストコフスキーが更に「ハチャメチャでやり過ぎ」にした、この曲の決定盤だと僕は思います。お勧めです。

少し明るい文章が書けたのは、先日、お金に困っていてあまり食べれなかったとき、ギフト券で支援して頂き、食生活が助けられて、この文章を書くことができました。ありがとうございます。心から感謝致します。無職で収入のない僕が生き延びていられるのは、皆様方のギフト券やアフィリエイトのご善意でどうにか日々生き延びられていて、命を助けて頂き、心から本当に深く深く感謝致します。

参考作品(amazon)
チャイコフスキー:1812年(ストコフスキー盤)
チャイコフスキー:1812年(カラヤン盤)

amazonトップページ