けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (1)

けものフレンズ、急にインターネット上で大人気になっていますね。第1話を見たその時から、心を思い切り掴まれた作品、水玉蛍之丞さんの「SFまで10万光年」的な『可愛らしい絵柄で中身は超マニアック薀蓄SF』というタイプの作品、人類史を超える生命史全体を敷衍したポスト・アポカリプスSFであると感じて大好きな作品なので(http://nekodayo.livedoor.biz/archives/1919840.html)、本作が評価されるのは本当に嬉しいです。

ただ、第3話放映後になって急に大手ブロガー達がそれぞれの大手ブログで褒め始めたらいきなり「けものフレンズ凄い!最高!!」とか言い出す人々がインターネット上で大量にどっと沸き始めるというのは、彼らは本当に面白いと思っているのかよく分からなくて正直うーんですね…。第1話視聴直後の時はツイッターとかで文句言ったり馬鹿にしてる人が9割って感じで、ブログでの風潮も同じで、第1話の頃は本作を褒めていたりSFとして評価したりしている人は物凄く少なかったです…。第1話には文句を言っていたが、先日より大手ブロガー達が褒め始めたら手のひらを返して褒め始めた人々は一体どういう心的処理をしているのか、極めて不可解です…。

けものフレンズは今のところ第1話から第3話まで全て安定した連続性のある面白さで、どの話も大好きですが、自分が特に好きなのは第1話ですね。本作は第2話から急に面白くなったアニメではないですよ。第1話の最初からSFであり面白い作品です。ちなみに大手ブログが取り上げている持久力と投擲能力(かばんちゃんの器用さ・道具の使用・物を投げる人間の特性)については、アニメ放映直後(1月11日頃)からツイッターで複数指摘されていた件なので、それについて書くならまず第一次文献としてそれら最初期のツイッターでの指摘を引用した方が良かったのではと個人的には思いました…。ざっと見るとみんへる改WF8-02-03さんの指摘が一番早い感じかな。

みんへる改WF8-02-03 ‏@minhel8x 1月11日
https://twitter.com/minhel8x/status/819184970816065536
まだ金朋も画伯も出てこない。実は結構科学的な見地から描かれているのかな。カバンちゃんの特徴が「長時間歩ける持久力」と「両手で道具を扱うこと」というのも生物としての人間の特徴だし。今後、サバンナ→ジャングル→砂漠→極地みたいな感じでエリアを移動するのだろうか。

今回の第3話放映後、大手ブロガーが手のひら返して褒め始めたら大勢の人が手のひら返してけものフレンズを褒め始めたというのは…マスメディアが影響力を持つ現代世界はテレビ(=テレビの論調)が主体を支配していると言われて久しいですが(マクルーハンやボードリヤール等)、大手ブロガー達が褒め始めたら手のひら返して褒め始める人々の大群を見ると、インターネットが影響力を持つ現代世界は大手ブロガー(=大手ブロガーの論調)が主体を支配していると言われても仕方ないんではないのかなと思います…。人々に自分自身で考えるということを放棄してほしくないですね…。

けものフレンズはSFとしても、優しい世界観の心が温かくなるアニメとしても、本当に良い作品なので、大手ブログの記事を見て褒めるのではなく、ちゃんと作品そのものを見て楽しんで欲しいと心から願いますね…。

表題に入りますと、けものフレンズを見てけものフレンズが大好きになった皆様方に、ぜひ心からお勧めしたいフリーゲーム作品があります。それは、

「チーちゃんの冒険」シリーズです!!

うにうにワールド(製作者さん公式サイト)
http://guruchie.wixsite.com/index

ふりーむ チーちゃんの冒険シリーズ
http://www.freem.ne.jp/brand/641

「チーちゃんの冒険」シリーズは、とても優しい世界観が特徴のRPG。本シリーズの世界は、けものフレンズの世界をベースにドラゴンクエストシリーズとマザーシリーズを混ぜたような感じでして、最大の特徴は、『冒険の旅において敵を倒したりやっつけたりしない』ということです。本作の世界は全ての生命は優しい感じで友好的に共存しており、モンスターも動物も人間もみんな友達というけものフレンズ的世界なんですね。本作の冒険の旅は、旅先で出会うモンスターや動物を癒して助けてあげる旅なのです。RPGとしても戦略性に優れており、なおかつ、困っているモンスターや動物を助けて癒すバトルというのが新鮮でとても面白い。

また、バトルや謎解きが面白いだけではなく、この「冒険の旅において困っている人々やモンスターや動物を助ける」というのがストーリー自体に深く関わっているのも好感で、システム面とストーリー面が、有効と助け合いを全面に出したゲームの大きな物語と上手く組み合わさっている、RPGとして総合的にとても優れた作品です。ぜひプレイして欲しいですね。けものフレンズのような優しい世界が好きなプレイヤーさんにとって、心から楽しめるゲームであることを保証致します。

チーちゃんの冒険シリーズはどれもお勧めですが、今から初プレイするなら「チーちゃんの冒険MV」「チーちゃんの冒険2」「他のチーちゃんシリーズ」とプレイしていくのがお勧めですね。

そして、けものフレンズが大好きでチーちゃんシリーズも大好きな私のようなお方々にぜひお勧めしたいもう一つの作品、それはちそらさん製作の3DSフリーゲーム「オークロニクル」です。この作品は3DSの無料ソフト「RPGツクールフェスプレイヤー」をDLすることで無料で遊べるようになるフリーゲームの一つで、RPGツクールフェスの作品の中で私の一番好きな作品です。

任天堂公式サイト RPGツクールフェスプレイヤー
https://www.nintendo.co.jp/titles/50010000041594
『RPGツクール フェス プレイヤー』は、全国のユーザーがニンテンドー3DSソフト『RPGツクール フェス』で作成したゲームを無料で遊ぶことができるソフトです。 インターネットに接続して全国のユーザーが作ったゲームをダウンロードできます。ダウンロード回数に制限はありませんので、気になるゲームは全てお楽しみいただけます。 さまざまなアイデアが盛り込まれたゲームの数々をお楽しみください。

RPGツクールフェスプレイヤーを3DSにDLしたら、起動する→スタート→ゲームのダウンロード→投稿作品のダウンロードと選び、

・みんなの作品→検索→タイトル→「オークロニクル」と入力して検索
・みんなの作品→検索→ニックネーム→「ちそら」と入力して検索

どちらかをすることで、ゲームが表示されて「オークロニクル」のDLが可能になります。パソコンで遊べるフリーゲームに比べると遊べるまでの手間が掛かりますが、本作「オークロニクル」はそれだけの手間を掛けても、元が取れるという位置は遥かに超え、ゲームをやっていて心から夢中になれる面白さがある作品です。

「オークロニクル」の世界は、魔王が倒されて世界が平和になった後、オークの一族は人間との共存を望み、オークと人間の間において友好が結ばれた世界が舞台。主人公のオークであるグーは純朴で心優しく親切なオークですが、外見はオークそのもの(人間にとっては恐怖を感じさせる巨大な人型の怪物の外見、フランケンシュタインの怪物ぽい)の為、偏見と差別の目にさらされており、グー自身も「人間を怖がらせてはいけない」と考えて山奥で独り暮らしをしています。そんなオークがひょんなことから人間達と関わりを持ち、人間達と仲良くなろうと奮闘していく…というストーリー。

……町の人ト、仲良くなれル……。第一印象は、少シ失敗したケド……。ヒトと普通ニ話したり、一緒に魚、捕ったり……。コンナ機会、カシアと出会わなかっタラ、一生なかったカモ……。……ヨシ、頑張ろウ!
(3DS「オークロニクル」)

本作「オークロニクル」はファンタジー版「俺物語」という感じでして、『大切なものは目に見えない』『大切なのは外見ではなく誠実な行動である』ということがメインテーマになっていて、凄く心打たれる良い物語でした。本作は差別問題が大きなテーマになっている作品ですが「けものフレンズ」や「チーちゃんの冒険」シリーズと同じで、究極的なところにおいて救いのある優しい善性の世界を描いているので、プレイ感がとても良い作品です。ぜひプレイしてほしいですね…。

オークロニクル以外にも3DSのRPGツクールフェスプレイヤーで遊べる優れた無料ゲームはタイムリープ物の傑作「ナイトメア・バスター」とかホラーの傑作「西瓜割り」とか色々とあるんですが、遊べるのが3DSオンリーということと、ツクールフェスプレイヤーの作品検索機能が貧弱なこともあって、全然話題になってないのが悲しい…(良い作品を探すには私のような暇人が片っ端からDLしてプレイするしかない為。玉石混交でして良作を見つけるのはなかなか大変)。「オークロニクル」みたいな優れた3DSフリーゲーム作品はできたらPCに移植してほしいなと感じますね…。

「チーちゃんの冒険」シリーズ、「オークロニクル」、どちらもけものフレンズと同じく優しい世界がとても魅力的な作品、無料で遊べますしぜひプレイしてみてくださいな!

RPGツクール フェス - 3DSRPGツクール フェス - 3DS
角川ゲームス(2016-11-24)
販売元:Amazon.co.jp

けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (1)けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (1)
KADOKAWA(2017-03-25)
販売元:Amazon.co.jp

SFまで10万光年以上SFまで10万光年以上
著者:水玉 螢之丞
早川書房(2015-12-11)
販売元:Amazon.co.jp

SFまで10000光年SFまで10000光年
著者:水玉 螢之丞
早川書房(2015-07-23)
販売元:Amazon.co.jp

十億年の宴―SF‐その起源と歴史 (Key Library)十億年の宴―SF‐その起源と歴史 (Key Library)
著者:ブライアン W.オールディス
東京創元社(1980-10)
販売元:Amazon.co.jp

一兆年の宴 (KEY LIBRARY)一兆年の宴 (KEY LIBRARY)
著者:ブライアン オールディス
東京創元社(1992-07)
販売元:Amazon.co.jp

地球の長い午後 (ハヤカワ文庫 SF 224)地球の長い午後 (ハヤカワ文庫 SF 224)
著者:ブライアン W.オールディス
早川書房(1977-01-28)
販売元:Amazon.co.jp

アマゾンギフト券ストア



アマゾンOTAKUストア
TVゲーム総合ストア
アニメーション総合ストア
漫画コミック総合ストア
ホビー・フィギュア・トレカ総合ストア
食品&飲料総合ストア
ペット用品総合ストア
電化製品・家電製品総合ストア
パソコン及び周辺機器・消耗品総合ストア
PC18禁ゲーム総合ストア
amazon液晶テレビ総合ストア
クラシック音楽総合ストア
アマゾンギフト券ストア
amazonトップページ