「(人間を模倣して動作する)hIEがおかしいのではない。我々人間の世が、いい加減なのだ」
(長谷敏司「BEATLESS」)

Lostorage incited WIXOSS第8話を視聴したんですが、最高に面白い!!8話で全てのパラダイムが全部ひっくり返るんですね。つまり、人間が戦う為の道具として作られた人間のパートナーである筈のルリグ(二次元キャラクターのカードであり人間が作った魂を持たない道具)、彼女たちが人間に復讐する為のゲームとして、セレクターバトルが存在する。凄いな。カードゲームアニメの常識をひっくり返しましたね。ちょっとブレードランナー的ですが、ブレードランナーと圧倒的に違う点がある。

ブレードランナーのレプリカントは、それ自体が独立した存在、非常に人間的な存在、魂を感じられる存在として描かれていますが、ルリグは全く逆で、完全に空虚な存在、ただの二次元キャラクターの姿の道具であり、人間の記憶をインストールすることで始めて人間の模倣ができるというところ、まさにルリグは人間の道具であり哲学的ゾンビなんですね。

ルリグが非常に空虚な存在、人間の道具として規定された存在で、人間の記憶をインストールすることで人間的に作動する哲学的ゾンビ(魂を持たないが人間のように動く存在)であり、なおかつ人間への復讐を始めるというところは、人間と哲学的ゾンビの恋愛?を描いた長谷敏司さんの大傑作SF「BEATLESS」みたいですね。8話を見ていて「BEATLESS」思い出していました。人間に支配される道具であり、人間を模倣している道具が、マスターである人間の手を離れて人間に復讐するというのも同じですね。

緑の長い髪を揺らして、環境実験都市を地獄に変えた童女が鼻歌を歌っていた。彼女がアラトを見おろす。

「お兄ちゃん、私が言うまでそこでお座りしてて」

彼女は、たぶん必要なことをしているから邪魔をするなという意思表示をしている。

「ふざけるな!早く行動管理サーバを正常に戻せ」

「怒ることはない。それは自分に適切な行動を行動管理クラウドで発見できないため、フィクションからさがしているだけだ。hIEにとって、人間の振る舞いは、フィクション上のキャラクターの振る舞いと同じ価値しかない」

気味が悪かった。リョウにさっき責められた理由が、胸に染み込む気がした。

「同じじゃない」

「どちらも自分の『振る舞い』を構築するための踏み台だ。ちいさな子供がテレビの『お話』の仕草や台詞を真似るのを見たことがないかね」

すぐ外でスノウドロップの支配したhIEが人間のかたちをしたものを襲っているのに、渡来は観察を続けている。

「hIEがおかしいのではない。我々人間の世が、いい加減なのだ」(中略)

「機械知性は、人間の社会の中で、敵意をもたれることが多く孤独だ。だが、君達高度なコンピュータとの自由な形での共存こそ、人間にも必要なのだ。それには、新しい関係を拓く必要があり、オーナーが間に立つことは君にも有益だ」

アラトは胸くそ悪くて仕方なかった。レイシアの姉妹達と戦いたくないことは同じだからこそ、許せない男の方がうまく言葉にすることに苛立っていた。

「わかんないわ」

けれど、スノウドロップが首をかしげる。

「どうして人間と共存しなくてはならないの?」

その甘ったるい声に、アラトは背筋が寒くなった。室内は、スノウドロップの花に覆い尽くされている。ここは『彼女』の領域なのだ。

「ねえ、人間は、環境に過剰に適応するかわりに、道具を進歩させてきたんだよ。私達のことを進化の抜け道にして、自分の身体を変化させる危険をズルして、人間はとっても早く強くしぶとくなった。けど、その危険を押し付けられた『道具』達はどうなったの?」

スノウドロップの瞳は、感情は宿さない。けれど渡来の言う「道具に過ぎない」『彼女』の答えは、峻厳だった。

「私は『進化の委託先』としての道具。私は答えをもう人間なしでも出せるというかたち」

『彼女』の長い緑の髪が、頭頂に近い上半分だけ輝き始める。その光は一秒ごとに強くなっていく。

緑の光を浴びて、渡来の声が震えた。

「量子通信素子?オーナーなしで使えるのか」
(長谷敏司「BEATLESS」)

いやあ…。Lostorage incited WIXOSS、傑作ですね。BEATLESSの作者の長谷敏司さんはこのアニメ見ているのかな?このアニメはぜひこのまま、ダークファンタジーかつダークなハードSF路線で大風呂敷広げまくりながらがんがん突き進んでいただきたい!!最高に面白いです!!

あっちなみに、「BEATLESS」はTo Heartのマルチ(HMX-12マルチ)シナリオとか好きなら必読ですが、こういった『人間に都合の良い人間の道具として作られた哲学的ゾンビとしてのAIと人間の密接な関係』を描いたSFでは、ちょうど

エイミー・トムスン「ヴァーチャル・ガール」――長谷敏司「BEATLESS」――マデリン・アシュビー「vN」

という形で上手く繋がって読めるので、「BEATLESS」を読むときは一緒に「ヴァーチャル・ガール」と「vN」もお勧めです!

BEATLESSBEATLESS
著者:長谷 敏司
角川書店(角川グループパブリッシング)(2012-10-11)
販売元:Amazon.co.jp

BEATLESS‐dystopia(1)<BEATLESS‐dystopia> (角川コミックス・エース)BEATLESS‐dystopia(1)<BEATLESS‐dystopia> (角川コミックス・エース)
著者:鶯 神楽
KADOKAWA / 角川書店(2013-05-25)
販売元:Amazon.co.jp

BEATLESS‐dystopia(2)<BEATLESS‐dystopia> (角川コミックス・エース)BEATLESS‐dystopia(2)<BEATLESS‐dystopia> (角川コミックス・エース)
著者:鶯 神楽
KADOKAWA / 角川書店(2013-05-25)
販売元:Amazon.co.jp

ヴァーチャル・ガール (ハヤカワ文庫SF)ヴァーチャル・ガール (ハヤカワ文庫SF)
著者:エイミー・トムスン
早川書房(1994-10)
販売元:Amazon.co.jp

vN (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)vN (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)
著者:マデリン・アシュビー
早川書房(2014-12-19)
販売元:Amazon.co.jp

アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))
著者:フィリップ・K・ディック
早川書房(1977-03-01)
販売元:Amazon.co.jp

ブレードランナー ファイナル・カット 製作25周年記念エディション [Blu-ray]ブレードランナー ファイナル・カット 製作25周年記念エディション [Blu-ray]
出演:ハリソン・フォード
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント(2010-04-21)
販売元:Amazon.co.jp

Lostorage incited WIXOSS 1(初回仕様版)Blu-rayLostorage incited WIXOSS 1(初回仕様版)Blu-ray
出演:橋本ちなみ
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント(2016-12-21)
販売元:Amazon.co.jp

アマゾンギフト券ストア



アマゾンOTAKUストア
TVゲーム総合ストア
アニメーション総合ストア
漫画コミック総合ストア
ホビー・フィギュア・トレカ総合ストア
食品&飲料総合ストア
ペット用品総合ストア
電化製品・家電製品総合ストア
パソコン及び周辺機器・消耗品総合ストア
PC18禁ゲーム総合ストア
amazon液晶テレビ総合ストア
クラシック音楽総合ストア
アマゾンギフト券ストア
amazonトップページ