2016年10月05日 17:18

クロムクロとERP相関の希望。今クールは「魔法少女育成計画」が面白そうですね。山田正紀「クトゥルフ少女戦隊」を思い出しました。

前クールのアニメを見終わり、今クールのアニメの1話を視聴。前クールでは「クロムクロ」がダントツに面白かった!!これは2010年代のSFアニメの最高傑作だと思いますね。最終二話での話の超絶な広げ方も「まさにSF!」って感動した。

「クロムクロ」のラストが良いのは、二重の仕掛けの終わり方になっているんですね。筒井康隆さんが小説論において「良い小説は二重の仕掛けになっている。全ての読み手が理解できる良い終わり方と、更に深く読み込んでいる読み手だけが分かる良い終わり方が重なりあって終わるのが良い小説の特徴だ」ということを述べていますが、それを思い出しました。

「クロムクロ」のラストでエフィドルグのナノマシン群は、EPR相関によって通常時空の因果律(光速)を超えた超光速的な連携を取っていることが明かされますが、ユキナが宇宙船で旅立つとき、ナノマシンのEPR相関を通じた方法によってケンノスケが健在であることが示された上で、ナノマシンによって廃人にされているオペレータを看病している娘が、廃人のオペレータに何かあったことを一瞬示すカットがあるんですよね。もし廃人にされているオペレータが意識を取り戻したのなら、それはオペレータに寄生しているエフィドルグのナノマシン(ERP相関によって星の彼方のエフィドルグと繋がっているナノマシン)に何か異変があったということ、つまり、ケンノスケ達、星間レジスタンスがエフィドルグとの最終決戦において遥か星の彼方で勝利した可能性(エフィドルグを壊滅させてナノマシンの制御を奪った可能性)を示しているんですよね。

そして見ている方が、ハッとなった、ケンノスケ達が勝ったのか!?と思った瞬間、ユキナが旅立って終わる。語りすぎずに、明日への希望を残して終わる。ERP相関について特に考えなくても希望のある良い終わりですし、ERP相関について考えると、ケンノスケ達が最終決戦に勝利したのかも知れないと、更に大きな希望を感じながら終わる、二重の仕掛けのとても良い終わり方でしたね。これぞまさしく「SF」ですね。「クロムクロ」、本当に良い作品でした。

今クールのアニメも1話をだいたい視聴。1話を見た限りでは新規作品は「魔法少女育成計画」「終末のイゼッタ」「装神少女まとい」「ガンダムオルフェンズ」を視聴継続して後は特に見ない感じかなと…。「魔法少女育成計画」が個人的には一番面白かったですね。男が女体化して魔法少女になるのは、私の知る限り、山田正紀さんの怪作小説「クトゥルフ少女戦隊」以来の快挙かと。「俺、ツインテールになります」とかの女体化小説は魔法少女とはちょっとベクトルが違いますからね。魔法少女ジャンルと女体化ジャンル両方が好きな視聴者として今後がとても楽しみです。

ちなみに「クトゥルフ少女戦隊」はとてつもなくぶっ飛んだ魔法少女物の怪作であり、魔法少女まどかマギカと山田正紀さんの独特の本格SFが悪魔合体して合体事故が起こってしまったという感じの作品です。話としては「超ミクロの環境世界と我々のいる現実世界がリンクしていて、我々の世界の人間が超ミクロ世界では魔法少女のアヴァターとなって戦う」という感じなんですが、凄く説明しづらい小説です。山田正紀さんは小松左京さんから続く日本SFのど真ん中の正統の作家さんで、魔法少女のメカニズムとか物凄く理論的にねちっこく説明しまくるんですけど、よく考えるとその説明はおかしい、でも筆力と迫力でよまされちゃうのが、小松左京的SFイズム(良い意味でのごり押しホラ話SF)で楽しいって感じの小説です。

この小説「クトゥルフ少女戦隊」の大半は物語展開よりも作中世界のSFロジカル的な説明、無理はあるけど非常に面白い説明に費やされており、それらの説明はどんどん転がっていって小松左京論になったりSF論になったりハーレムアニメ論になったり魔法少女論になったり腸内細菌論になったり小松左京イズム的進化論になったりするのが、SF好きで魔法少女好きでアニメ好きという私のような読み手にとっては最高に面白い!!非常に変わった面白い魔法少女SFクトゥルフ小説であり、小松左京さんのSFが好き、魔法少女ジャンルが好き、SFが好き、クトゥルフ作品が好きというどれかに当てはまるお方々なら必ず楽しめるかと思います。もし複合的にこれらが好きならば面白さは更に倍増します!!

「クトゥルフ少女戦隊」が面白かったお方々には、小松左京さんの小説「果しなき流れの果に」「ゴルディアスの結び目」「結晶船団」「虚無回廊」あたりはぜひ読んで欲しいですね。「クトゥルフ少女戦隊」とテーマが大きくリンクしているので。特に「ゴルディアスの結び目」とは非常にテーマの繋がりが深いように感じました。

クトゥルフ少女戦隊 第一部 (The Cthulhu Mythos Files)クトゥルフ少女戦隊 第一部 (The Cthulhu Mythos Files)
著者:山田正紀
創土社(2014-10-02)
販売元:Amazon.co.jp
クトゥルフ少女戦隊第ニ部 (クトゥルー・ミュトス・ファイルズ)クトゥルフ少女戦隊第ニ部 (クトゥルー・ミュトス・ファイルズ)
著者:山田 正紀
創土社(2014-11-26)
販売元:Amazon.co.jp

果しなき流れの果に (ハルキ文庫)
ゴルディアスの結び目 (ハルキ文庫)
結晶星団 (ハルキ文庫)
虚無回廊〈1〉 (ハルキ文庫)
虚無回廊〈3〉 (ハルキ文庫)
虚無回廊〈3〉 (ハルキ文庫)

クロムクロ ブルーレイ 第一集 [Blu-ray]
クロムクロ ブルーレイ 第二集 [Blu-ray]
クロムクロ ブルーレイ 第三集 [Blu-ray]
クロムクロ ブルーレイ 第四集 [Blu-ray]

アマゾンギフト券ストア



アマゾンOTAKUストア
TVゲーム総合ストア
アニメーション総合ストア
漫画コミック総合ストア
ホビー・フィギュア・トレカ総合ストア
食品&飲料総合ストア
ペット用品総合ストア
電化製品・家電製品総合ストア
パソコン及び周辺機器・消耗品総合ストア
PC18禁ゲーム総合ストア
amazon液晶テレビ総合ストア
クラシック音楽総合ストア
アマゾンギフト券ストア
amazonトップページ




Archives
livedoor プロフィール

ねこねこ

記事検索
  • ライブドアブログ