前回のブログで、山本弘さんのクトゥルフゲームブック「超時間の檻」(「超時間の闇」収録)についてご紹介致しましたが、この作品は、TSF物(性転換作品、トランスジェンダーフィクション)のゲームブックでもあるんですね。私はトランスジェンダーフィクションは結構好きなジャンルで色々読んできたんですが(最もSFマインドが発揮されるジャンルの一つと思っています)、他にTSF物のゲームブックってあるのかなと思って探してみたら、

全く無かった…

同人創作・ネット創作ではTSF物のゲームブックはあるようなんですが、商業のゲームブックではTSF物は色々探しても見当たらない感じですね…(もしあったらリサーチ不足で申し訳ない)。日本の作家さんがたぶん世界で唯一のTSF物の商業ゲームブックを作っているのだとしたらなんか嬉しいですね。ゲームブックは、複雑なフラグを立てる必要がある為、多くの作家さんの手にはあまることが多くて、本を作れる商業作家さんは中々いないんですね。山本弘さんは流石はグループSNE出身のSF作家さんという感じで、「超時間の闇」ではループ物のTSFクトゥルフ作品として色々面白い仕掛けでフラグ構築しています。重要な事柄をメモしておくと、後でそれが活きてくるタイプの、子供の頃ゲームブック大好きで昔ながらのゲームブックに嵌っていた(子供の頃、双葉社の日本製RPGゲームブックとか出るたびに買ってほとんど全てクリアしてました、桃太郎シリーズのゲームブックとか最高に好きだった)世代としては堪らない小説でして、クトゥルフ好きには勿論、TSF好き、女体化好き、ゲームブック好きにもお勧めできる傑作です。ちょっとした健全なセクシーさがあるのも、山本弘さんの作品の特徴ですが、本作はそれが如何にもゲームブックぽくて最高にマッチしているのもいいですね。余談ですが、ゲームブック好きなら「ツァラトゥストラの翼」もぜひクリアして欲しい…。最高の和製ミステリゲームブックにして世界最高のミステリゲームブックだと思います。閑話休題。

本作「超時間の檻」はゲームブックならではのマルチエンドでして、男主人公でプレイして、事件は一応終わるけれど、女の体のまま元に戻れなくなる如何にもTSFなエンディングが最高に好きですね。

ちなみに小説におけるTSFの最高傑作はタニス・リー「死の王」だと思いますね…。美しくてカッコよくて可愛いシミュきゅんのTSヒロイン力は無限大過ぎて魔王アズュラーンすらヤバイレベル…ある意味、昨今の男の娘萌えの元祖かも…。

超時間の闇 (The Cthulhu Mythos Files)超時間の闇 (The Cthulhu Mythos Files)
著者:山本 弘
創土社(2013-11-07)
販売元:Amazon.co.jp

死の王 (ハヤカワ文庫FT)死の王 (ハヤカワ文庫FT)
著者:タニス リー
早川書房(1986-05)
販売元:Amazon.co.jp

ツァラトゥストラの翼 (講談社文庫)ツァラトゥストラの翼 (講談社文庫)
著者:岡嶋二人
講談社(1990-05-08)
販売元:Amazon.co.jp

アマゾンギフト券ストア



アマゾンOTAKUストア
TVゲーム総合ストア
アニメーション総合ストア
漫画コミック総合ストア
ホビー・フィギュア・トレカ総合ストア
食品&飲料総合ストア
ペット用品総合ストア
電化製品・家電製品総合ストア
パソコン及び周辺機器・消耗品総合ストア
PC18禁ゲーム総合ストア
amazon液晶テレビ総合ストア
クラシック音楽総合ストア
アマゾンギフト券ストア
amazonトップページ