クォンタムデビルサーガ アバタールチューナー (ハヤカワ文庫JA)
孔子暗黒伝 (集英社文庫―コミック版)

昨日更新できなくて申し訳ありません。市の無料健康診断の結果が届いて、検査の結果が思わしくなく、病院で受診してくださいという結果でした…。アルコールは一切飲まないので、原因が分かりません…。体重も普通だったので、なぜ検査結果がよくないのか原因不明で、へこんでいます…。

僕の好きなファンタジー作家、五代ゆうさんが女神転生シリーズの一つ「クォンタムデビルサーガ アバタールチューナー」を小説化した「クォンタムデビルサーガ アバタールチューナーI 」読了。五部作のうちの第一巻でして、最初は物語の状況説明的な感じですが、本の真ん中くらいから物語が動き始め、五代ゆうさんの端正で丁寧な文体もあって、ぐっと面白くなってきます。五代ゆうさんの小説の中でも最高に出来の良い作品の一つだと思います。人工的に作られた閉鎖空間の世界を舞台にした冒険SF小説としても面白く、メガテンの小説化としても面白いです。

メガテンシリーズは基本的に西洋の「神対悪魔」の構図がベースとしてありますが、「クォンタムデビルサーガ アバタールチューナー」はその構図から外れたメガテンの中でも異例な作品で、我々にはあまり馴染みのないインドの宗教・神話・伝承がベースとしてある。これが非常に面白いのですが、本書でもその面白さが十二分に活かされています。アバタールチューナーの物語のベースになっているインドの宗教・神話・伝承、バラモン教、ヒンドゥー教、リグ・ヴェーダ、マハーバーラタ、ラーマーヤナなどは我々にあまり馴染みがないゆえに、西洋神話に比べると新鮮さとエキゾティシズムを感じさせて大いに魅力を覚えますね…。面白い小説です、メガテン好き、ファンタジー好き、SF好きにはぜひにお勧めですね。

アバタールチューナーのベースとなっている最大の元ネタは諸星大二郎さんの最高傑作「孔子暗黒伝」なので、ぜひこちらの漫画作品も読んで欲しいですね…。諸星大二郎さんの最も有名な作「暗黒神話」と対になっている作品で、インドの宗教・神話・伝承をテーマにした日本の最高の作品にして諸星大二郎さんの最高傑作だと僕は思っています。漫画で描ける究極のスケール、あらゆる存在よりも上位の階梯に位置する永遠(ブラフマン)というものを描ききっている漫画として、一つの極北にある偉大な傑作です。まだ未読のお方々がいたら羨ましいです。これからこんな素晴らしい作をはじめて読むという機会があるのですから…。

孔子暗黒伝を始めて読んだとき、西洋キリスト教の存在論すら超えるような、形而上学的な存在論神話が東洋(インド)にあることを知り、衝撃を受けたのを憶えています…。汎神論的な存在論ですね…。時空と世界の全てを含む全なる永遠がブラフマンであり、人間のような世界の断片はその影であるという…。創造神話は洋の東西問わず、究極的には存在論に行き着くのですね…。『われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行くのか』。宇宙のエントロピーの問題を、神話と絡めて考えているところは、魔法少女まどか☆マギカの元ネタであるとも言えると思います。まどか☆マギカの魔法少女は孔子暗黒伝でいうところの「反剋」の存在ですね…。

ウィキペディア「ブラフマン」
ブラフマンは、ヒンドゥー教またはインド哲学における宇宙の根本原理。(中略)神聖な書物であるウパニシャッドにあるように、ヒンドゥー教のヴェーダーンタ学派 (Vedantic) の思想によれば、この単語が指しているのは、外界に存在する全ての物と全ての活動の背後にあって、究極で不変の現実である。

ブラフマンは宇宙の源である。神聖な知性として見なされ、全ての存在に浸透している。それゆえに、多くのヒンドゥーの神々は1つのブラフマンの現われである。初期の宗教的な文書、ヴェーダ群の中では、全ての神々は、ブラフマンから発生したと見なされる。

Great indeed are the Gods who have sprung out of Brahman. - Atharva Veda
偉大な事実は、ブラフマンの中から湧き出て来た神々である。 - 『アタルヴァ・ヴェーダ』

ウパニシャッドの哲学者は、ブラフマンは、アートマンと同一であるとする。ヒンドゥーの神々の体系では、ブラフマンはブラフマーと同一のものと見なされる。ブラフマー(創造者)は三神一体(Trimurti)の神々の1つであり、ヴィシュヌ(保持者)と、シヴァ(破壊者)とは本来同一とされている。

ブラフマンは感覚を超えており、精神を超えており、知恵と知性を超えており、想像を超えている。

諸星大二郎

「孔子暗黒伝」

オームという純粋音から世界が展開したように、「永遠」と「物」との対話が「世界」なのだ。だから、知るがよい。一なる実在(永遠)の諸相が世界であり、世界は永遠の影にすぎないと…。(中略)

太初においてヒラニア・ガルバ(黄金の胎児)は顕現せり…………

いかなる神に われらは供物もて 奉仕すべき

ヒラニア・ガルバよ 夢を見ているのか?

ブラフマンよ わたしは目覚め おまえと対している
ブラフマンよ わたしは何者で なぜ こうして存在するのか
それとも 存在しないのか

おまえは ヒラニア・ガルバであり 存在する
なぜなら わたしが欲したからだ

ブラフマンよ おまえは何者か どこからきたのか

おまえが 自分がどこからきたか
自分ではいえないように
わたしも 自分がどこからきたか
いうことはできない
わたしは 永遠であり
それゆえに いつでも 存在した

永遠であるがゆえに
時間は 存在しなかった
無限であるがゆえに
空間は 存在しなかった
すなわち 宇宙は 存在しなかった

それは 永遠であるがゆえに
対立者――すなわち永遠でない者を欲した
そして それが 生まれた

永遠でないゆえに
それは 時間を 生じた
無限でないゆえに
それは 空間を 生じた
かくして宇宙が 生まれた
永遠から 生まれた
対立者であるゆえに
宇宙は永遠ではない
かくして 宇宙は滅びるものとなり
宇宙の四段階の
周期が 生じた

対立者アートマンも
永遠でないゆえに
周期的に生まれ
また 滅びねばならない

それは ヒラニア・ガルバとして
成劫に生まれ
アートマンとして
顕現し
カルキとして
空劫にたちあう
そして いつでも
永遠に帰るのだ

それは
永遠から来たり
永遠に帰る

ヒラニア・ガルバ

ヒラニア・ガルバ
何を
夢みている?

世界を…… 

孔子暗黒伝 (集英社文庫―コミック版)
孔子暗黒伝 (集英社文庫―コミック版)

クォンタムデビルサーガ アバタールチューナー (ハヤカワ文庫JA)
クォンタムデビルサーガ アバタールチューナー (ハヤカワ文庫JA)

クォンタムデビルサーガ アバタールチューナー (ハヤカワ文庫JA)
クォンタムデビルサーガ アバタールチューナー
ATLUS BEST COLLECTION DIGITAL DEVIL SAGA ~アバタール・チューナー~
ATLUS BEST COLLECTION DIGITAL DEVIL SAGA ~アバタール・チューナー2~
真・女神転生3‐NOCTURNEアンソロジー (富士見ミステリー文庫)
パラケルススの娘〈1〉 (MF文庫J)
はじまりの骨の物語 (HJ文庫)
孔子暗黒伝 (集英社文庫―コミック版)
暗黒神話 (集英社文庫―コミック版)
TVゲームストア
amazonオタクストア
amazon浄水器一覧(ホームアンドキッチン)
食品・飲料ストアミネラルウォーター
amazon食品ストア
ペット用品ストア
アニメ総合一覧
まどか☆マギカ関連書籍
魔法少女まどか☆マギカブルーレイ・DVD
amazonまどか☆マギカ関連商品一覧
魔法少女まどか☆マギカ関連グッズ一覧
クラシックストア
ミュージックストア
amazonオタクストア
amazon食品ストア
ペット用品ストア
家電製品ストア
パソコン及びPC周辺機器ストア
TVゲームストア
amazonエロゲストア
amazonギフト券ストア

amazonトップページ