詩学 (岩波文庫)
ギリシア悲劇〈2〉ソポクレス (ちくま文庫)

絶対だの永遠の幸福などゝいふものがある筈はない。
(坂口安吾「欲望について」)

けいおん、オリジナル(原作漫画・アニメ共)が基本的に『女子高生達が女子校でのんべんだらりとひたすら毎日を遊び暮らしている』という、突っ込みどころ満載の能天気な作品のため、物凄く二次創作が多いのですが、今回はその中でも、無料で読める、ネットで公開されている二次創作の中から、僕のお気に入り作品を幾つかご紹介致します。楽しんで頂ければ幸いに思います。

唯「ゾロアスター教徒になるよ!」
http://minaminoxxxsummer.blog49.fc2.com/blog-entry-538.html
ゾロアスター教の世界に入り込んでゆくけいおんメンバーを描いた、極めて優れた物語。オリジナルすら遥かに超えているとしか言い様のない、けいおんSSの現時点でのダントツの頂点かと。ゾロアスター教については、エリアーデの「世界宗教史」でゾロアスター教の章を読んだくらいしか知識がなかったんですけど、このSS読んだ後、ゾロアスター教についての関連文献、図書館で借りられるだけ借りて読んでしまいましたよ。関連文献を読むほどに、このSSは凄く確りゾロアスター教を考証していることが分かって、評価が高まりました。ちなみにこれを読むと、アーリマンを世俗的な悪役にしたFate/stay nightに出て来るゾロアスター教は全く現実のゾロアスター教と違う、Fate/stay nightの中だけの別物であることも分かります。僕の理解では、ゾロアスター教は初の世界宗教の萌芽なんですね。ゾロアスター教は最も古い二元論(形而上学的な善と悪の対立)の宗教であり、世界三大宗教を始めとして、世界中の無数の宗教やグノーシス主義などの神秘思想各種に影響を与えています。日本において言えば、このSSの作中で示されるとおり、仏教、そして神道などに影響を与えています。ゾロアスター教は発祥当時(紀元前千数百年前)を考えれば驚くほど論理的でシステマティックで賢明な宗教であり、Fate/stay nightにおいて生贄を捧ぐ邪教として描かれたものとは全く違うものです。

唯「ピカチュー、でんげき攻撃だ」
http://sea-mew.jp/nox/modules/webarc/2ch/ss/1247271665-0.html
けいおんのエロティックな18禁SSにおける最高峰かと。ひたすら異常かつ凄惨な方向へとエスカレートしてゆく唯の幼稚な行動の描き方があまりにも唯っぽくて、「ああ…唯ならこういうことをやりかねないなあ」と思えるところが凄い。キャラクターの特性を非常に上手く掴んで、それを120%活かしている、二次創作の手本のような作品です。唯はアニメにおいては、『幼稚過ぎる』という狂気を孕んだ異様なキャラクター、一般常識が完全に欠如したキャラクターとして造形されていますが、それを創作の中に上手に活かしています。『唯はおかしいよ・・・・なんでこんな残酷なこと笑いながらできるんだ・・・』 の台詞とか、唯の無邪気な狂気を活かしていて本当に上手い。ただ一つの難点は、唯死亡後の展開が、ごく普通のレベルのSSぐらいにまで出来が低下していること。唯の狂気を活かすために、唯は最後まで生かした方が作品として良かったと思いますね。

唯「ごねんご!」
http://yamisoku.blog43.fc2.com/blog-entry-292.html
「ピカチュー、でんげき攻撃だ」は唯の孕む狂気が極端にエスカレートした場合のSSですが、これはもっとゆっくり、みんなが壊れてゆく悲劇。その壊れ方がいやにリアルでなんとも言えない気持ちになります。漫画である蛸壺屋さんの同人誌より遥かに内面心理描写が深いのは、文字媒体ならではの利点ですね…。アニメでけいおんメンバーを見ていると、『ああ…今は楽しそうにしていても、このけいおんメンバーは五年後には、唯は麻薬中毒、律は貧困、澪は精神を病み、紬は不治の病、梓は芽の出ない三流アイドルになるんだなあ…』としか思えなくなるという破壊力抜群のSSです。

澪「唯、今日のエサだよ。」唯「澪ちゃん・・・これ、ゲロだよね?」(残虐系SS、残虐描写ありますので閲覧注意)
http://blog.livedoor.jp/goldennews/archives/51303711.html
数多あるけいおんSSの中において、おそらくは最も知名度が高く、評価されているであろうSS。残虐系のSSですが、ただ残虐なだけでなく、伏線の張り方や、なるほどと読み手を唸らせる展開が上手い。推理小説(パズルミステリ)的な要素を作品内に上手く取り入れています。読んでいて綾辻行人のパズルミステリにして残虐ホラー「殺人鬼」シリーズを思い出しました。本作はオチも上手く、井上夢人の「ダレカガナカニイル」を彷彿とさせる鮮やかなラストシーンは、やられたと思いましたね。本当に上手いとしか…。以下のところとか、「本当に上手い」と読んでいて心から感服しましたね…。

梓「澪先輩、痛いことも怖いことも苦手でしたよね?」
梓「なんで唯先輩にあれほど酷いことができるんです。」
梓「澪先輩は本当に狂ってしまったんですかっ。」
律「私が、教えてやるよ。」
律「梓はダイエットとかしたことあるか?」
梓「な・・・ありますけど、それがどうかしたんですか?」
律「そういう時って食べ物の話とかされたくないだろ?そういうことだよ。」
梓「そっそんな理由でですか?やっぱり狂ってます。」
律「そうかな、澪は必死でそういうものから逃げて自分を押さえ込んでいたんだぞ。」
律「まぁ、私もそれで澪をからかってたから悪いことしたと思うよ。」

なるほどなあって思いましたね。オリジナル(原作漫画・アニメ)の澪が痛いこと・怖いことを見たり聞いたりするのが苦手という割りには、他人に対して酷く粗暴な面があるところを上手く突いて、澪というキャラクターを再構成している。見事ですね。

澪「ああああゲロ吐いちゃうゲロ吐いちゃうよおおおおおお」
http://blog.livedoor.jp/goldennews/archives/51280172.html
前回もご紹介致しました、スラップスティック系ハチャメチャSS。救いのない話ですが、爆笑せざる得ない面白みに溢れています。筒井康隆の「トラブル」などを彷彿させる、人体を物として扱って面白みを出すスラップスティックユーモア物の傑作ですね。もともと、アニメで描かれるけいおんキャラは如何にも「物」っぽく描写されているので、読んでいると字面だけでなくイメージが浮び、何度読んでも笑ってしまう作品です。

けいおんSSの特徴として、他の作品の二次創作に比べ、ちょっとどうかしているようなダークなSSの数がやけに多く、またそれらに出来の良い作品があるということが挙げられると思いますね。オリジナルのけいおんは、原作漫画・アニメ共に、人間が生きる上での苦しみや哀しみといった深刻な部分をなるべく描かないようにしているので、逆にそれらが『本当はけいおん世界にも在るのにも関わらず、オリジナル作品では描かれていない部分』として、二次創作の魅力的な題材になりやすいのだろうなと思いますね。例えば、「人間、二人いれば争い起き、三人いれば派閥生まれる」と言われるように、けいおん部は五人いるんですから派閥ができない筈はないんですよね。この、派閥(力関係)をネタにしたSSがけいおんSSには圧倒的に多い。ダーク系SSだけでなく、総合的に見て、圧倒的に多いです。五人いるのに派閥(力関係)が出てこないことに、現実でのありえなさを感じて、フラストレーション(欲求不満)になっているところが、<げんじつ!>とも言うべき、派閥のあるけいおん世界を描く二次創作の多さに繋がっているのではないかと思いますね。派閥系のSSでは、唯がテレパスになってけいおんメンバーの心を読むSS唯「読心」がお勧めです。筒井康隆「家族八景」のオマージュとしても面白くお勧めです。

唯「読心」
http://www40.atwiki.jp/83452/pages/2721.html

『けいおん!!』第2話について
http://d.hatena.ne.jp/LoneStarSaloon/20100416/1271348859
今まで何度か書いてきた、否定がなく、強い肯定もない、ということとも被りますが、<げんじつ!>なんてものに出会わないで済むならその方が遥かに良いのです。むしろ、映像として見せ付けられなくても、このように”隠蔽されている”ということに気づければ、それは最も理想的な<現実>との出会い方だろう。しかもデフォルメ化が全てを隠蔽するように、可愛さが全てを乗り越えるならもう文句の付けようもない。

僕はこういった意見には実感として賛成できないものを感じます。<げんじつ!>が隠蔽されている物語は、鑑賞者にもやもやとしたフラストレーションを溜まらせるものではないでしょうか。アニメの「けいおん」を見ていて、表現などの出来の良さに感服しながらも、いまいちすっきりしない気持ちは、けいおんにおいて<げんじつ!>が隠蔽されていることに起因するのだろうと、僕は実感として思いますね。今回の第二期第二話が、神回として大勢の鑑賞者から高く評価されている最大の一因は、今回の話ではけいおんメンバーが50万円を着服したり、先輩四人が、弱い立場である後輩の梓に意地悪をしていたりすることを現すことで、今までの「けいおん」にはなかった<げんじつ!>を示したことによるカタルシスによるものではないかと思います。

アリストテレスも言っていますが(アリストテレス「詩学」)、上記のリンク先さんの言葉風に述べるなら、『物語において、<げんじつ!>というものに出会うとき、人はカタルシスを覚えて浄化されるのです。それが悲劇の効用なのです』ということですね。物語において隠蔽されている<げんじつ!>(=悲劇・受苦と言い換えてもいい)が、物語のなかで明らかになるとき、人はカタルシス(心の浄化)を覚えるのです。それは登場人物達のレベル、物語のレベルにおいては悲劇ですが、鑑賞者にとっては、カタルシス(浄化)なのです。デフォルメ化(=喜劇)が全てを覆い尽くしていれば、それは物語として鑑賞者に何一つ与えるものはないでしょう。純然たるジャンル喜劇にしろ、それが人の心を打つ作品ならば、悲劇の要素をどこかしらに含んでいるのです。そこではキャラクターの固有性ではなく、『物語』こそが重要となる。なぜなら、それは普遍性を持つからです。優れた作品、人の心を打つ作品とは、如何に喜劇・キャラクター劇であろうとしても、どこかしらに悲劇・物語が現われ出でる作品なのです。なぜならば、真に人が心を打たれるのは、『可愛さ』などのどうでもよい表層ではなく、自らの生に共鳴する根底、すなわち、全ての人の生の根源たる『世界に生きる苦しみ(受苦)』であるからです。けいおんの製作スタッフは物語の創り手としてこのことを分かっていると思いますね…。

http://www1.odn.ne.jp/kamiya-ta/sigaku.html
(悲劇にとって)もっとも重要なものは出来事の組みたてである。……出来事、すなわち筋は、悲劇の目的であり、目的はなにものにもまして重要である。……悲劇は、行為なしには成り立ちえないが、性格がなくても成り立ちうるであろう。……たとえある作者が、性格をよくあらわしていて、語法と思想によって巧みにつくられた演説をつぎつぎとならべても、悲劇の効果はえられないであろう。しかしこれらの取りあつかいが劣っていても、筋、すなわち出来事の組みたてをもっている悲劇なら、はるかによくその効果をあげるであろう。
(アリストテレス「詩学」)

けいおんと悲劇については、今回はこれくらいにして、最後に二次創作の紹介としてけいおんコラージュ漫画「えんこう!」をご紹介。上手いなあ。けいおんの雰囲気を上手く出していて、これ自体がオリジナルと言われても全く違和感のないところが見事です。アニメの第二期第二話で唯の夢(札束で頬を張られたいという欲望の夢)のシーンを見た後にこの漫画を見ると、恐るべき真摯なリアリティが(爆)第二話の50万の話なんかはそうですが、欲望と悪徳というのは、まさにキャラクターを超えた普遍性な訳ですね…。

要するに人間には社会生活の秩序が必要であるが、秩序は必ず犠牲をともなうもので、この両方を秤にかけて公平に割りだすやうな算式が発見される筈はない。要するに今あるよりも「よりよいもの」を探すことができるだけだ。絶対だの永遠の幸福などゝいふものがある筈はない。(中略)
人間の動物性は社会秩序といふ網によつてすくひあげることが不可能で、どうしても網の目からこぼれてしまふ。そして我々はさういふ動物性を秩序の網にすくひあげることができないので悪徳であるといふのであるが、然しその社会生活の幅、文化といふものが発展進歩してきたものは秩序によるよりもその悪徳のせゐによることが多いのである。
(坂口安吾「欲望について」「日本文化私観」より)

けいおんコラージュ漫画「えんこう!」
けいおん「えんこう!」

参考作品(amazon)
詩学 (岩波文庫)
ギリシア悲劇〈2〉ソポクレス (ちくま文庫)
日本文化私観 (講談社文芸文庫)
けいおん! (1) (まんがタイムKRコミックス)
けいおん! (2) (まんがタイムKRコミックス)
けいおん! (3) (まんがタイムKRコミックス)
けいおん!!(第2期) 1 (Blu-ray 初回限定生産) [Blu-ray]
けいおん!!(第2期) 2 (Blu-ray 初回限定生産) [Blu-ray]
けいおん!!(第2期) 3 (Blu-ray 初回限定生産) [Blu-ray]
けいおん!!(第2期) 4 (Blu-ray 初回限定生産) [Blu-ray]
けいおん!!(第2期) 5 (Blu-ray 初回限定生産) [Blu-ray]
けいおん!!(第2期) 6 (Blu-ray 初回限定生産) [Blu-ray]
けいおん!!(第2期) 7 (Blu-ray 初回限定生産) [Blu-ray]
けいおん!!(第2期) 8 (Blu-ray 初回限定生産) [Blu-ray]
けいおん!!(第2期) 9 (Blu-ray 初回限定生産) [Blu-ray]
けいおん!!(第2期) 1 [DVD]
けいおん!!(第2期) 2 [DVD]
けいおん!!(第2期) 3 [DVD]
けいおん!!(第2期) 4 [DVD]
けいおん!!(第2期) 5 [DVD]
けいおん!!(第2期) 6 [DVD]
けいおん!!(第2期) 7 [DVD]
けいおん!!(第2期) 8 [DVD]
けいおん!!(第2期) 9 [DVD]
figma けいおん! 中野梓 制服ver.

アニメ総合一覧

amazonオタクストア

amazonトップページ